もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

高速道路と救急

救急は、時と場所を問いません.
夜間、深夜、時間外で、自宅から遠く離れた地で
体調が悪くなった時、気分が悪くなった時
本当に不安なものです.

もし高速道路で気分が悪くなったら
近くのサービスエリアに飛び込んで救急車を
要請することになるでしょう.

4月から高速道路での救急相談サービスが始まるとのこと.
長いドライブもこれで少しは安心できるでしょう.

1)中日本高速道路が救急相談サービス
http://www.shinmai.co.jp/news/20080327/KT080326FUI090008000022.htm

 中日本高速道路(名古屋市)は26日、高速道で体調が悪くなった際、
 電話で看護師らに相談できるサービス「メディカルコール」を
 4月から始めると発表した。県内6カ所を含むサービスエリア(SA)
 45カ所に専用電話を置く。

 SAの電話でコールセンターに連絡すると、
 看護師か救急救命士が対応。症状を聞き、助言する。
 症状が重い場合は医師が対応する場合も。
 売店のレジ担当者か、
 情報提供などを行うコンシェルジュに申し出る。無料。

a0055913_0143458.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-31 00:15 | ニュース

大は小を兼ねる...

今年は北京オリンピックですね。
我が家でも、子供たちがWiiで遊びながら
ひとあしさきに北京オリンピックの気分を満喫しています.

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック

a0055913_0371.gif


それを見ているこちらも、知らず知らずのうちに
オリンピック気分が高まります.

純粋にスポーツを楽しむことだけでなく
お隣の国での大きなイベントということもあって
中国の救急や災害への準備や対応にも注目したい所です.

さっそく中国らしいニュースを見つけました.

1)超大型救急車 北京で稼働
http://www.people.ne.jp/a/20641aba0db740909a5ae7effb950f29

続きを読む
by yangt3 | 2008-03-30 00:05 | ニュース

我が町の名医を求めて

仕事が早く終わって、ちょっと時間がある時には
病院の近くにある書店に立ち寄るのが私の日課です.

以前に勤めていた病院でも、すぐ前に書店があって
遅くまで営業していたので
夜の外来が終わった後など重宝していました.

何か本を買う事がなくても、書棚をあれこれ探索しながら
ぶらぶらするだけで、ちょっと気が晴れます.

幾人か新書が出れば必ず購入する作家が何人かいますが
そんなにいつも新刊が出ているわけでは無く
面白そうな本をいつも探しています.

気分転換といいながら、医療関係、救急関係などの本は
書棚にあるとついつい買ってしまいます.

先日購入したのは、これです.

「我が町一番の病院・医者ガイド」

a0055913_004450.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-29 00:02 | 一般

春はスレンダーから

平成20年4月5日土曜日に東京において
SLENDER CLUB JAPAN 5th Meeting in TOKYO
が開催されます.

以前にも紹介したカテーテル治療を専門とする
循環器医の研究会です.

その目的としては
ー心血管及び末梢血管に対する経カテーテル検査・治療に於ける
 細径カテーテルを主体とした低侵襲性及び安全性に関する研究を行い、
 それに興味を持つ同学諸子の学問交流や技術向上を促すことによって、
 地域医療のみならず医学全体の進歩に貢献する目的で設立されたー
というものです.

北海道、沖縄、サッポロなど日本全国でこの研究会が
開催されているのですが
少数精鋭の循環器医としては、なかなか遠くに足を運ぶ事ができません.

この4月の東京でのスレンダークラブ研究会は
なんとか時間を作って参加できる見込みです.

a0055913_033261.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-28 00:04 | 学会、勉強、研修など

春遠からじ

しばらく病院での重症管理のため
忙しく過ごしていましたが、知らぬうちに
世間では、もうそこまで春の風が近づいていました.

今日は久しぶりに、春日井の先輩のクリニックの外来に
出かけてきました.

a0055913_1658475.gif


まだ私の病院がある可児の地では、桜はまだまだなのですが
先輩のクリニックのある春日井では、早い所では
7分咲きの桜でした.
春の気分にまかせて、午前の診療が終わった後に
先輩を含めてクリニックの人たちと
プチ花見をしてきました.

最近は、このご時世のためか、スタッフや職員でまとまって
花見をする機会がありません.

研修医の頃に、病院の近くでにぎやかに花見をしたことは
遠い昔の思い出です.

今日は、病棟も落ち着いていて穏やかな一日になりそうです.

春日井のクリニックでは、10年の時をへて
昔、古高先生と一緒に診療していた狭心症の人が
うわさを聞いて、私の外来を訪問してくれました.
まさしく一期一会です.

4月には、当院も多くの新人を迎える予定で
本当に春の息吹を感じます.
by yangt3 | 2008-03-27 16:59 | コーヒーブレイク(雑談)
私と同僚内科医先生との古くからの友人であり
真摯で真面目な医師である澤田石先生が
今回、重症リハビリ日数制限について国に対して
提訴されました.

古くからの友人として、彼の活動と意見を
全面的に応援するものです.

こちらが澤田石先生のブログです

もう一つの日本を実現しよう by 澤田石
http://d.hatena.ne.jp/sawataishi/

a0055913_2381782.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-26 02:39 | ニュース
あり得ない...
やっぱり病院の仕事って3Kなんでしょうか.
今日の内科病棟は、本当に大変な一日でした.

午前中だけでなんと入院が7名も!
内訳は、予定入院が4名、緊急入院が3名.

これだけの入院が午前中に重なって
内科病棟のスタッフは、皆てんてこ舞いでした.

そのうち2名は、循環器のカテ入院だったので
私も病棟を忙しくした原因の1人です.

頑張ってくれた病棟スタッフに本当に感謝です.
それにしても本当にあり得ない話です.

おまけに病棟の重症患者さんのケアもあり
カテ後の患者のケアもあり
(カテのうち1人は、カテーテル治療となった)
目一杯というか、病棟スタッフ一人一人が普段の倍以上
働いていました.

こんな風景は、日本中のどこの病院でもありふれたことなのでしょうか.

柔らかく、しなやかに手の空いているスタッフが
そっと手を貸して助け合える職場であってほしいです.

本当に今日一日お疲れさま!でした.

a0055913_02241.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-25 00:03 | 一般
最近、小惑星アポフィスの話が話題になっています.

古代ギリシャ語で悪神アベブに由来する名を冠した
この小惑星アポフィスが、2029年に
地球の軌道と交わる、つまりは地球と衝突するかもしれない
そんな危険が報道されて物議を醸し出しています.

先日もこの小惑星アポフィスが地球に衝突するという話が
かのノストラダムスの大予言の時のような
衝撃的で刺激的な内容の番組が放送されていました.

たしかに小さな小惑星でも、地球を直撃したとすれば
その被害は甚大で
まさしく映画の「ディープインパクト」や「ハルマゲドン」
の世界です.

a0055913_02020.gif


NASAの評価によると小惑星アポフィスが地球に衝突する
可能性は将来的にも0.0038% とされ
現在のところは、アポフィスが地球に衝突する可能性は
無視できるとされています.

少なくとも2029年の接近では衝突しないとされています.

続きを読む
by yangt3 | 2008-03-24 00:07 | 一般

Bento 購入しました

巷で話題のBento購入、導入しました.

a0055913_035442.gif


Bentoは、FileMaker からの、
Mac と同じくらい使いやすい 新しいパーソナルデータベース
というソフトです.
Mac専用というのがうれしい感じです.
さらにMac OS X 10.5 Leopard 専用にデザインされているのも
良い所だと思います.

Macの本体を買い替えたりするのは予算の関係もあり
いくらヘビーなMacユーザーといえども
そんなにほいほいと簡単にできることではありません.

今でこそMacもリーズナブルな価格になりましたが
昔は、Mac一式そろえるのにかなり高額だったので
マッキントッシュつまりは「魔金取手」なんて
冗談でいわれていたくらいです(笑)

独身の頃ならともかく(笑)
家庭持ちとしては、なかなか苦しい所です.

新しいソフトの購入、導入は、そんなわけで手っ取り早い
Macのパワーアップとなります.

Bentoについて
by yangt3 | 2008-03-23 00:09 | マッキントッシュ

トリアージナース!

今年に入って忙しい日々が続いています.
医師だけでなく、病棟の忙しさも相変わらずで
スタッフの体調管理が心配です.

ぎりぎりの状態で勤務を回している為
1人が調子悪くなると、どこかにしわよせが来て
過労の連鎖反応ともなっていまい心配です.

循環器の重症を病棟スタッフに一生懸命ケアしてもらっている
私としては
本当に申し訳ない気持ちで一杯で
日々、スタッフの皆に感謝する毎日です.

救急医療や医療崩壊の話が連日、ニュースとなっていますが
個々の現場では、スタッフが目一杯頑張っている状況です.

ベッド満床とか、たらい回しとかマスコミで話題になっていますが
例えば自分の病院にかかりつけの患者さんが来院されて
入院を必要とする時、本当に物理的にも人員的にも
入院困難な時があり
やむを得ず、近隣の病院に紹介せざるを得ないことは
私たちも本当につらいです.

循環器で治療を行った患者さんたちは
ずっといつまでも私たちの患者さんであると思ってます.

a0055913_12524079.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2008-03-22 12:49 | ニュース