もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

幸いなことに、心配された筋肉痛はありませんでした.
土日の2日間で開催された ACLS コースで
みっちり体を動かしてきたからです.

さてまた数日は、たまっていた事務仕事を
片付けなければなりません.

さっそくこの月曜日から
当院の各部署の心肺蘇生の見直しを
新しい ACLSガイドラインにそって行う仕事もありますが
こちらは、若手スタッフと一緒に
頑張ってやっていこうと思います.

このしばらく、学会参加や診療に、ACLSの勉強に追われて
随分と本がたまってしまいました.

こちらの本も、せっかくネットで注文していたのですが
今日まで読むことができませんでした.

 医者が心を開くとき
 A Piece of My Mind

a0055913_2359537.gif


李 啓充 訳

続きを読む
by yangt3 | 2008-06-30 00:00 | 皆さんに紹介したい本
昨日より参加していた
ACLSプロバイダーコースですが
無事に完了しました.

コースの勉強は、講義も実技も楽しく
自分のバージョンアップとなるのですが
コースの最後には、当然のことながら
実技試験と筆記試験があり
試験というのは、いつになっても緊張します(笑)

とりあえず無事に完了しました.

インストラクターのスタッフの方々
一緒に参加した受講生の皆さんは、本当にお疲れさまでした.

忘れないうちに、ACLSで覚えてきたこと、実習してきたことを
当院の若いスタッフにも伝えたいと思います.

コース受講のために購入した
BLSプロバイダーマニュアル
ACLSプロバイダーマニュアルの2冊は
循環器病棟の図書室に寄付することになりますので
みんな勉強してくださいね.

a0055913_16111747.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-06-29 16:12 | 学会、勉強、研修など
平成20年6月28日(土曜日)は
中濃厚生病院にて開催されている
岐阜 ACLS Training Site AHA ACLS Providers Course Program      
に参加しています

このコースは、AHA 2005年ガイドラインに準拠した
新しいACLS、心肺蘇生の教育プログラムです.

6月29日(日曜日)と会わせて2日間開催されます.

私たちの病院でもスタッフが率先してBLSを受講しているのですが
若いスタッフのやる気を妨げないように
皆の見本となるように
まず私が戦陣をきって、このACLSを受講させて頂くことになりました.

できることであれば当院の医局医師全員が
BLS講習、ACLS講習を受講されることを願っています.
もちろん院長、副院長を含めた病院上層部には
率先して、こうしたプレホスピタルケアにおいても
スタッフへの協力なリーダーシップを取ってほしいと
期待します.

a0055913_1917116.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-06-28 19:18 | 学会、勉強、研修など

今日もお出かけです

この金曜日も午後から
近隣の施設見学に出かけます.

何度もこれまでに訪問した病院なのですが
今回は、改めてアンギオ装置の正式な見学ツアー
となります.

いよいよアンギオ装置導入計画も
本格化してきた感じです.

ブログの場で、よいご報告が出来る日が待ち遠しいです.

続きがあります.
by yangt3 | 2008-06-27 00:05 | 一般

病院見学ツアー

カテ室のリニューアルのため
ここしばらく他施設見学が続いています.

6月26日(木曜日)、6月27日(金曜日)も
2つの施設を病院のスタッフとともに
見学に出かける予定です.
施設見学の目的は、アンギオ装置と心臓CTを
見るためです.

近いうちに当院カテ室でも
新しいアンギオ装置と、心臓CTが導入される予定です.

できるだけ沢山の施設を見せて頂いて
諸先生方のカテラボも見学させてもらうのがとても楽しみです.
見学の顛末は、また記事で報告しますね.

アンギオ装置や心臓CTだけでなく
カテ室に必要なその他の医療物品も検討していますので
よい情報があればお願いします.

新しいカテ室には、最新のMacと
iPhoneが似合うと思うので、こちらもお願いしてみます(笑)

a0055913_013277.gif


続きをみる
by yangt3 | 2008-06-26 00:01 | 一般

じっくり診療

今日も外来には多くの患者さんが訪れています.
ほとんどの方は病状も安定して落ち着いており
外来でひとしきり話をされて
笑顔で帰って行かれます.

循環器の外来に通院される皆さんは
過去にカテーテル検査を受けた方
カテーテル治療を受けた方
ペースメーカー治療を受けた方などなど
心臓病治療のために入院加療を受けられた方が
多いです.

外来では、なかなか腰を落ち着けてじっくりと
話をする時間もとれませんが
入院治療となった時には
いろいろな話をさせてもらっています.

普段なかなかお目にかかれない家族の方にも
お会いすることができるので
お互いに理解し合える良い機会と思います.

a0055913_1183851.jpg


画像のもとはこちらです↓
http://www.blueflag.co.jp/shop/ProductDetail.do?pid=89188

続きを見る
by yangt3 | 2008-06-25 11:09 | コーヒーブレイク(雑談)

スタッフ勉強会

先日紹介した
Coronary Intervention 2008年3月号
Slender Club Japan Slender PCIのすべて 後編
に掲載されている
「Slender PCIによる患者の安全と苦痛の評価」という論文を
もとにして、循環器病棟で
皆で読み合わせ、勉強会を行うことにしました.

日々の仕事に追われている現場の看護師さんたちは
その多くが家庭(家事、子育て)と仕事を両立しており
なかなか学会に参加できないという悩みがあります.

そのため私たちも学会参加のおりには
自分たちの勉強だけでなく
スタッフの学習に役に立ちそうなセミナー情報や
資料、書籍を探しています.

今回は、こんな本も購入してきました.

 PCI テクニックーこれは困ったどうしよう!

a0055913_01194.gif


南都 信介著 中外医学社

続きを読む
by yangt3 | 2008-06-24 00:11 | 学会、勉強、研修など

医療とエコロジー

学会に参加する楽しみの一つに
たいていの学会や研究会で併設されている
医学書販売ブースを覗くことがあります.

循環器関連の学会であれば、関連する医学書が
新刊も含めて一同に集められているので
けっこう重宝します.

分厚い洋書なども展示されているので
こちらも実際に手に取って中身を見ることができるので
地方の循環器医師としては、けっこう助かっています.

なんといっても医学書を置いてある専門書店に出かけるには
街まで出かけなければならないですから(笑)

今回は、ちょうと買いそびれていた雑誌を
CTO Clubに参加したついでに、購入することができました.

Coronary Intervention 2008年3月号

a0055913_01357.gif


メディアルファ
Slender Club Japan Slender PCIのすべて 後編

私が購入した時には、書棚に4〜5冊置いてあったのですが
帰り際に覗いてみたら、1冊だけになっていました.
けっこう売れていました.

続きを読む
by yangt3 | 2008-06-23 00:02 | 一般
学会出張を終えて、私自身のバージョンアップも完了し
次は、私のパソコンの番です.

遅まきながら、私のMacBook Airに
ファイルメーカーの新しいバージョンをインストールしました.

最近は、心カテ画像、IVUS画像は、もっぱら
Mac専用の画像編集ソフトである、Aperture上で
行うことが多く、これをデータベース代わりに使用していました.

カテ室のGoodNet 上には、Windows用のファイルメーカーが
入っており、それで用事が済んでいたので
なんとなくバージョンアップがのびのびになっていました.

今回、カテ室のリニューアル、アンギオ装置のリニューアル
そして新たな画像ワークステーションの導入が決定したので
取り急ぎ、私の MacBook Airに
ファイルメーカーを入れることにしました.

a0055913_013968.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-06-22 00:07 | マッキントッシュ
引き続き6月21日(土曜日)も
学会に参加中です.
昨日の記事でもお知らせした通り、豊橋で開催中の
第10回 CTO Club で勉強しています.

2日目は、当院からは私以外に
MEさん1名、放射線科1名、看護師1名と
カテ室スタッフ3名も参加しました.

学会での公式言語が英語であるため
パラメディカルには、ちょっとつらそうでした.

カテーテル治療のライブ中継は、カテ画面を見ていれば
なんとなく治療の進行具合がわかるため
参加した若者達は、食い入るように見入っていました.

a0055913_15122459.gif


私も英語は得意な方ではありませんが
パラメディカルのために、同時通訳サービスが
あればよいと感じました.

医師は、頑張って英語を勉強しないとね.

続きを読む
by yangt3 | 2008-06-21 15:14 | 学会、勉強、研修など