もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

SCJ スレンダークラブジャパン 会員番号 64 番です.
最近では、学会、研究会には積極的に参加して
気分はもうスレンダーなのですが
アンギオ装置やカテ室のインフラなどなど
さまざまな諸般の事情により、なかなか実践に結びつかず
申し訳なく思っておりました.

関係各位のご協力により、当院カテ室にも
スレンダーグッズが常備されることになりました.

a0055913_21381566.gif


基本的なスレンダーグッズである
Eell 10 ワイヤーと、イカテン(IKAZUCHI 10)が
24時間使えるようになりました.
うれしいです.

さっそく 先日、左前下行枝のCTO(慢性完全閉塞)病変に
スレンダーシステムでチャレンジしてみました.

続きを読む
by yangt3 | 2008-07-31 21:53 | 一般

もうすぐ

月末にかけて仕事が山積みであり忙しくしています.
8月は、各ドクターの夏休みの予定などもあり
カテの予定をどうやって
やりくりするか、頭を悩ませています.

狭心症のカテーテル治療だけでなく
ペースメーカーの治療も定期的にあるので
仕事に飽きることなく 楽しみながら 勉強しながら
頑張っています.

今週も アンギオ装置、心臓CT選定のための
施設見学の予定が入っており、こちらも楽しみにしています.

できれば8月中には、すべての機種を決めたいと考えています.

これまで当院でカテーテル治療を行ってきた患者さんも
それなりの人数となり
そろそろ 経過観察、フォローアップのための検査の時期が
近づいています.

薬剤溶出ステントによる治療で無症状の方が多いので
できれば当院で 心臓CTで検査をと願っています.

関係各位のご協力を改めてお願いする次第です.

こちらが過去の関連記事です.

 冠動脈CTの導入に向けて
 http://tomochans.exblog.jp/6715734

a0055913_104299.gif

by yangt3 | 2008-07-30 08:05 | 一般

筒井康隆氏も推薦の本

私は、カテーテル治療を専門としており
この分野の勉強については、全然苦痛なく
楽しんでやっています.

日々のカテーテル業務も一例、一例に
新たな発見があり、飽きることがありません.
あれこれと 少しでもよい治療を行うために
最新情報を集めることが趣味のようになっています.

その一方で、自分の専門分野以外については
普段なかなかまとまって勉強する機会がありません.

手っ取り早く、その分野の専門家に
直接 教えを請うて、急場をしのいでいます(笑)

そんなわけで時間がある時には、いろいろな分野の本を読んで
少しでも時代の知識の進歩とのギャップを埋めるべく
けなげな努力を重ねています.

最近 読んでいる本はこれです.

iPS 細胞 世紀の発見が医療を帰る

a0055913_0258100.gif


八代 嘉美 著
平凡社新書

話題のiPS細胞研究について、一般向けに書かれた新書です.
この本は、筒井康隆 氏 も推薦しているそうです.

続きを読む
by yangt3 | 2008-07-29 00:06 | コーヒーブレイク(雑談)

救急搬送の際に...

先日の当直の折りの話です.
救急隊に顔見知りの方々が多いため救急搬送の際に、
ついつい iPhoneを見せびらかしてしまいました(笑)

当直の時には、交通外傷などの初期対応も
しなければなりません.

救急隊の方々は、事故現場の写真などをデジカメや携帯で
写真をとって、救急搬送の際に
医療スタッフに情報提供してくれるわけです.

ここで問題があって、デジカメで撮影した写真は
病院に写真添付メールとして送るには煩雑であることです.

さらに携帯写真であれば、写メールとして送るのは簡単ですが
携帯で撮影した写真は、解像度などに不満が残ります.

そういう意味でいうと iPhoneの写真撮影は、
2.0メガピクセルの解像度であり、きれいな写真撮影が可能です.

救急現場でiPhoneで現場写真を撮影して
すぐさま 病院のiPhone もしくは、病院パソコンに
写真メールで送ってもらえれば
迅速な情報提供が可能になるのではないでしょうか.

a0055913_014970.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-07-28 00:15 | 一般
いつも出かける多治見の TUTAYAの書籍コーナーにて
太田 靖之 先生の新刊である
「産声が消えていく」を発見しました.

私が見かけたときには、もう1冊しか置いてなくて
たぶん、沢山の人がすでに何冊も購入されたのでしょう.

太田先生の本は、本当に素晴らしい本です.
まだ購入されていない方で
すぐに読みたい人は、とりあえず近くの書店に
走りましょう.

近くの書店に本が置いてなくても
アマゾンで注文すればすぐに手元に届くはずです.

めざせ20万部突破.

当ブログは 太田先生を応援しています.

a0055913_1683491.gif


皆さんのお近くの書店で
太田先生の本を見かけたら、一冊は購入していただいて
友人や知り合いにも教えてくださいね.

太田先生の本を街で見かけたら 報告、コメントを
お願いしますね(笑)
by yangt3 | 2008-07-27 16:10 | 皆さんに紹介したい本
以前に紹介いたしました我が同友の 太田 靖之先生の
「産声が消えていく」を
読了しました.

産声が消えていく
太田靖之 著 祥伝社

a0055913_11495777.gif


アマゾンから購入可能です.

 紹介記事はこちらです.↓
 二色のわらじに才色兼備
 http://tomochans.exblog.jp/7284484/

太田先生は、以前の職場でともに働いた いわば戦友です.
職場が変わって離ればなれになり、お互いにそれなりに
年をとってしまいましたが
今でも会えば、昔の血気盛んな若い頃のように
気の置けない仲です.

そんな太田先生が懇親の力を込めて書き上げた医療小説が
面白くないはずがありません.
ぜひ皆さんにも ご一読をおすすめします.

私は、アマゾンから届いたその日の晩に一気に読み終えました.

続きを読む
by yangt3 | 2008-07-26 11:51 | 皆さんに紹介したい本

iPhoneとペースメーカー

今日も仕事の次いでに
iPhone見学にメーカーさんがやってこられました(笑)

直接、病院に足を運んで仕事をされたメーカーさんは
電話番号とかを私のiPhoneに登録させてもらっています.
iPhoneで写真もとれるので、希望があれば担当の方のお顔も
撮影させてもらています.

現在、古いドコモの携帯も併用していますが
この週末には、新しい iPhoneのほうに統一するつもりです.

iPhoneで遊んでいると思われるとしゃくなので
(別にそれでもいいのですが)
iPhoneの仕事への応用をいくつか考えています.

医療画像、画像サーバとのリンクは、いくつかのメーカーさんに
対応をお願いしているところです.
これは、心臓カテーテル画像や、心臓CT画像を対象とするものです.

循環器の仕事としては、カテーテル以外に
ペースメーカー植え込みなどの仕事があり
実は、ペースメーカー植え込み後のペースメーカー管理にも
iPhoneが活用できないかと考えています.

a0055913_15413144.gif


続きがあります.
by yangt3 | 2008-07-25 15:42 | iPhone

再び大阪に施設見学へ

7月24日(木曜日)は
またアンギオ装置の施設見学のため
午後より大阪に出かけてきました.

本日お伺いしたのは
大阪 医誠会病院です.
こちらには、島津製作所のアンギオ装置を
見学となりました.

午前中の春日井での灰本クリニックの外来診療を終えて
すぐに新幹線にて大阪に向かいました.

今日も名古屋も大阪も暑いです.

本当に最近よく新幹線に乗っています.

これからまだ何カ所か施設見学の予定があるので
頑張ります.

a0055913_21491733.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-07-24 21:50 | 一般

ヒーローと正義の味方

連休明けから、カテーテルの仕事が続いています.
仕事の合間をぬって
アンギオ装置、心臓CTの施設見学予定も
入っています.

最近は、特に心がけて、学会、研究会、ライブに
出かけるようにしています.

カテ室がリニューアルされた時に
機械のバージョンアップに見合うだけの実力と性能アップを
私自身もパワーアップをはかるためです.

ヒーロー物の映画を見た後は、なんとなく自分もヒーローに
なった気分になるものです.

a0055913_1412798.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2008-07-23 14:13 | コーヒーブレイク(雑談)

ACLS プロバイダー

先日、受講したAHAのACLSプロバイダーコースの
認定証が送られてきました.

循環器救急、循環器診療に携わるものにとって
BLS、ACLSは、その基本となるものであり
今後も定期的に更新が必要になります.

できれば循環器病棟、カテ室スタッフの皆さんにも
ACLSをめざして欲しいと思います.

BLS、ACLSなどの心肺蘇生の実技と知識は
日常の仕事に即、役立つものです.

院内スタッフへのBLS、ACLS勉強会もこれから継続して
行っていこうと思います.

緊急の現場で 慌てなくてすむように
日頃から準備を続けていきたいと思います.

日頃の勉強は、いやにならないよう、受験勉強ではないので
楽しくやっていきたいものです.

タイの医学部で、心臓病の勉強に「カラオケ」を使っているそうです.

a0055913_9411577.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-07-22 09:41