もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

質的過重

平成20年10月30日に大阪高裁である判決が下りました.
25歳の若さで過労のために亡くなられた看護師さんの
過労死認定の裁判です.

 1)看護師の職場改善を要求-村上裁判
 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/18884.html

 2)2審も看護師の過労死認定 大阪高裁、質的過重を評価
 http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103001000551.html

詳しくは個々の記事を見ていただくとして
今回の判決では
 勤務先の病棟は「恒常的に時間外勤務をせざるを得ない状況だった」
 不規則な夜間交代制勤務など質的な過重性も併せて認定されたことが
突起するべき点です.

医師と同様にマンパワー不足のため看護師さんたちの仕事も
より過酷な状況となっています.

勤務の都合によっては、医師と同様、もしくはそれ以上のハードな
勤務を余儀なくされているのが、現在のナースの方々の現状だと思います.

労働時間の量だけでなく、不規則な勤務で食事も睡眠も休憩も十分に取れず
少ない人数で常に神経をとがらせ、気も休まる暇もない
そんな医療の現場を、今回の裁判の判決を機に
少しでも改善できるように、と思います.

若くして亡くなられた村上さんのご冥福を心よりお祈りいたします.

a0055913_19143713.gif

花言葉は、別れの悲しみ...
by yangt3 | 2008-10-31 19:09 | ニュース
循環器の外来診療で患者さんとの会話に
最近よく取り上げさせている、三浦雄一郎さんの書です.

75歳のエベレスト

a0055913_22253019.gif


三浦 雄一郎

ー2008年5月26日、75歳でエベレスト登頂に成功した
 冒険スキーヤー・三浦雄一郎さんの著書です.
 三浦さんの挑戦は、年齢的なハンディはもちろん、
 心臓の不整脈を患い、二度の心臓手術を経ての
 究極のアンチエイジングプロジェクトだったそうです.ー

三浦さんが抱えた心臓の不整脈は心房細動という疾患であり
2度のカテーテル治療(カテーテルアブレーション)を受け
世界最高峰のエベレストの登頂に70代で2度の
登頂に成功したのです.

75歳のエベレストへの挑戦がいかなるものであったか.
この本を読んで三浦さんの冒険の意味を
私たちも知ることができます.

続きを読む
by yangt3 | 2008-10-30 22:26 | 皆さんに紹介したい本

脳卒中と闘う

寒い季節は、同時にまた心臓疾患だけでなく
脳卒中も増える時期です.

当直の折、救急外来に脳卒中の患者さんが
搬送されることも増えてきました.

ほとんど初診の状態で、通院歴も治療歴もなく
実は未治療の糖尿病、高血圧、高脂血症などの疾患が
合併している場合には、症状もひどくなることが多く
改めて、症状が悪化する前に
できるだけはやく予防的な治療を受けることの
重要性を痛感します.

a0055913_2125542.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-10-29 21:26 | 一般

寒くなってきました

日が暮れると、ますます肌寒い季節となってきました.
夜の当直の折り、救急外来で救急車を待つ間
体に吹き付ける風も体に染みる感じです.

これから寒くなり、ますます救急も増えるとあっては
医療スタッフの防寒対策も考えないと.

カテの際のユニフォームである半袖の手術着に薄い白衣を
羽織っただけでは、寒い季節には、けっこうしんどいです.

救急外来に搬送される患者さんの防寒対策としても
救急外来のリニューアルをぜひお願いしたいところです.

その昔、研修医の頃は、重症患者さんを受け持つと
何日も病院に泊まり込んだものですが
正規の当直者以外の仮眠室があるわけでもなく
医局のソファや医局の自分の机で思い思いに仮眠をとっていたものです.

何日か徹夜が続いても、翌日は平気で働けるだけの体力があったのも
また若さの証でした.

医局の床に新聞紙を広げて寝ている仲間もいました.
これは実話です.

いまは、体力勝負は若いスタッフにまかせっきりです.
皆さんも寒さに負けずこれからの季節を元気に過ごしていただきたいです.

PS;なかなか時間が合わないのですが
テレビ版の「チーム・バチスタの栄光」もなかなかの力作ですね!

 チーム・バチスタの栄光
 http://www.ktv.co.jp/batista/

a0055913_23305850.gif

by yangt3 | 2008-10-28 23:31 | コーヒーブレイク(雑談)
この日曜日は、本当に久しぶりに家族とゆっくりしました.
いろいろな行事に追われることもなく
職場からの緊急の電話もなく、のんびり過ごすことができました.

先月にオープンしていたのに、なかなか忙しくていけなかった
ラスパ御嵩にも、ようやく出かけることが出来ました.

周りから、もう「行ってきた?」って聞かれて
子供も家人も随分と肩身の狭い思いをしていたので
これでもう安心です(笑)

この近くにできた新しいショッピングモールは、けっこう子供たちも
喜んでくれました.
フード・コートでは、オペ室の Isa君とばったり出会ってしまって
ちょっとびっくりでした.

まあこちらがラスパのページです

 RASPA 御嵩
 http://raspamitake.com/index.php

a0055913_17454683.gif


まだオープンしたばかりだというのに
Wikipedia にも項目が掲載されていてびっくりです.

私たちの病院に遠方から来られた際には、
お帰りの ほっと一息の際に、一度立ち寄ってみられてはいかがでしょうか.

病院関係者もよく利用させて頂くので、フロアーのどこかで
お会いできるかもしれません(笑)

続きを読む
by yangt3 | 2008-10-27 17:47 | 皆さんに紹介したい本

心に残った一言

アップルが Apple Universityという新しいプログラムを
計画しているそうです.

 1)アップルが計画中の「Apple University」、
 責任者はエール大学から--WSJ報道
 http://www.yomiuri.co.jp/net/cnet/20081023nt11.htm

Apple Universityがどのようなものか、まだ詳細は明らかでは
ありませんが、アップルが教育分野への活動をより深めていくと
いうことですね.

 2)米Apple社、「大学」を開校へ:
 イェール大学学部長が統括責任者(WIRED VISION)
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081024/1009110/

このプロジェクトの統括責任者として
イェール経営大学院の学部長を務めるJoel Podolny氏が
起用されるそうです.
Podolny氏は Apple II 以来の筋金入りのMacユーザーです.

Podolny氏の言葉がなかなかしゃれています.

a0055913_849155.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-10-26 08:49 | マッキントッシュ
東可児第13同盟のブログを初めて 早や3年.
ささやかなブログではありますが
このブログってけっこう時間もコストもかかっています.

毎日記事を書くために、仕事で疲れて帰ってきても
一日の決まった時間をブログの記事作成に費やしていますし
一片の記事を書くために数冊の本を購入したり
何冊も書籍を読了したりもしています.

まあそれで自分の勉強には なっていますので文句はありません.

ブログのために、いままでに一番大きな出費といえば
なんといっても Mac を購入したことですね(笑)
この3年の間に、ブログの記事を書くために私が購入した Macは
・MacBook Pro 17インチ
・MacBook Air
・iPod 第5世代
・iPhone    などなどです.その他、ソフトや小物などは多数です(笑)

MacユーザーとなってこれまでどれだけMacに貢いだかは
聞かないでください.

さて念願のiPhoneを購入して、日々 医療への応用を考えてきました.
そんなこんなで現在 わがiPhoneに入っているアプリは
55本となっています.
そんな私のiPhoneの中身を紹介します.

a0055913_043730.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-10-25 00:07 | iPhone
毀誉褒貶(きよほうへん)とは
ほめることと、そしること。人をほめたり悪口を言ったりすること
だそうです.
「誉」「褒」は、ほめるという意味であり
「毀」「貶」は、そしること、悪口を言う意味になります.
それぞれ同じ意味の語を2つ重ねて強調した四字熟語です.

毀誉褒貶を英語で言えば praise or censure だそうです.

仕事を長く続けていれば、いつも いい顔、いい人ばかり
というわけには行きません.

病院の仕事で言えば、心臓病を患っているのに
なかなかタバコを止められない患者さんには
禁煙という目標を達成してもらうために
ついついきつい口調で指導する必要があります.

血糖値が高いのにもかかわらず甘いものが止められない
食餌療法が守れない場合にも
きちんと指導しなければなりません.

聞きたくない話をされて病院でしかられるよりも
優しい言葉、甘い言葉がついつい聞きたくなるのも人間だから
しょうがありません.

医師も医療スタッフも、患者さんの健康を守るという目的のため
時に嫌われることも口にしたりしなければなりません.
まだまだ修行が足らない私としては毀誉褒貶相半ばというところでしょうか.

a0055913_2185912.gif

(映画 八甲田山の意味するところは....)

続きを読む
by yangt3 | 2008-10-24 21:10 | 一般

ERは何のために?

94, 88, 83, 89 ....
これは暗号ではなくて
この数日で、当院に救急搬送されたり緊急で
心臓のカテーテル治療を行った方々の年齢です.

最近特に高齢者の心臓病が増えています.
高齢者の方は、例え心臓病の治療を順調に完了しても
さまざまな身体的合併症があり
その後の治療にも苦労することが多く
治療に携わるスタッフとしては、本当に大変です.

幸いに皆さんの経過は、今の所順調であり
ほっとしています.

現場では、人手不足は本当に深刻です.
昨今の悲しいニュースを聞くと本当に心が痛みます.
最前線のスタッフは懸命に仕事を頑張っているのに.

 1)妊婦の命も救えずに 「東京五輪どころじゃないだろう
 http://www.j-cast.com/tv/2008/10/23029101.html

 2)また妊婦死亡 「ERって何のためにあるの?」
 http://www.j-cast.com/tv/2008/10/23029076.html

様々な問題が山積していますが
やはり医療問題は最重要、最優先課題だと思います.

私たちの小さな病院でも
やはり救急最優先で、スタッフが力を発揮できるように
力を合わせるべきです.

a0055913_2353381.gif

by yangt3 | 2008-10-23 23:51 | ニュース

連チャン

病棟が慢性的な満床状態となって久しいです.

循環器科としては少数精鋭にもかかわらず
10月に入ってからはカテ件数、カテ治療件数も
一気に増えてます.

それに伴って入院される患者さんも増えて
病棟は大変です.

先週末の救急コールから始まって
深夜0時から午前2時までの時間を
緊急カテのため病院で過ごす日々が続いています.

 忙しいのは誰のせい?
 http://tomochans.exblog.jp/7589698/

昨晩も慢性満床状態、重症患者満載にもかかわらず
またも胸痛患者の救急搬送がありました.

また夜のまっただ中に、カテ室スタッフ全員集合!
これだけ続くと逆にちょっと余裕が出てくるというか
当たり前に感じてしまうというか
そんな自分が怖いです(笑)

a0055913_11461880.gif


More
by yangt3 | 2008-10-22 11:51 | コーヒーブレイク(雑談)