もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

外来や病棟で、カテーテル治療の説明を行う時に
現在は、Macで作ったスライドや、
綺麗なパンフレットを使って、お話を指せていただいています.

たとえばこんな感じです.

a0055913_0531.gif


ステントやカテーテルデバイスのデータは
メーカーさんからデジタルデータとして頂いて
綺麗なスライドやパンフを作ることができて重宝しています.

ちょっと昔を思い出してみると(まだ昔のMacを使っていた頃)
今のような便利な道具はなく、資料も少なく
患者さんへの説明も、手書きの資料が多く、手作りの味がありました.

こんな小道具も重宝していました.

a0055913_054392.gif


ステントのハンズオンモデルです.ステントバルーンの先端部分を
実際にさわることができて説明にはよく使いました.

もちろん今でも、私の白衣のポケットにお守りとして入っています.
もう何年もなくさないで使っているものです.

続きを読む
by yangt3 | 2009-02-28 00:07

心臓CTカンファレンス

新しい心臓CTが平成21年2月9日より稼働を開始しています.
循環器外来において、心臓CTの予約は常時お受けしています.

 心臓 CT 撮影開始しました
 http://tomochans.exblog.jp/7930775/#7930775_1

a0055913_024892.jpg


今回、私たちの病院に導入されたのは
シーメンス社の新しい心臓CT Definition AS + 128 Slice です.

画像処理ワークステーションであるZIOも同時に導入されました.

その後、心臓CTは、順調に稼働しており
検査症例も増えてきています.

3月には他施設からの見学も予定されているとか.
いよいよ大変なことになってきましたね.

そんなわけで、新しい心臓CTの導入を受けて
カテ室スタッフで心臓CTカンファレンスを始めました.

先日紹介した大画面の液晶の前にスタッフが集まって
ああでもない、こうでもないと
ざっくばらんに(お茶やお菓子はでませんが)
ディスカッションをしました.

a0055913_08067.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-27 00:10 | カテ室リニューアル!

MacBook Air帰還しました.

故障のためにこの2月22日にアップルに修理に出していた
私のMacBook Airですが、やっとわが家に帰還しました!

a0055913_045757.gif


自宅に到着したのが2月25日ということで
MacBook Air不在の期間は4日間でした.
思ったより短期間であったのでほっとしました.

故障していた箇所は、きちんと修理が完了していました.
修理の際に、本体カバーや保護シートなどを
全てはがしてしまったので、
また新しいものを物色しなければならないです.
違ったテイストのMacBook Airをまた楽しみにというところ.

MacBook Air不在の間は、以前の機種であるMacBook Pro17インチを
使用していました.
MacBook Airが1.2キロ、MacBook Pro17インチがおよそ3キロで
4日間の間は、重いMacを抱えてしっかりとトレーニングができました.

a0055913_053020.gif


改めて2台を並べて見ると壮観です.
やっぱりカテもMacも細い(軽い)ものがいいですね!

新しいSafari バージョン4がアップルから配布されていましたので
さっそく戻ってきたMacBook Airに入れてみました.

a0055913_055650.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-26 00:07 | コーヒーブレイク(雑談)

夜のにぎわい

学会が終わったのをカテの神様が、見ていたのでしょうか.

金沢ライブから帰って、平常業務に戻った途端
とても忙しいです.
夜は、緊急で呼ばれてしまいました.

夜の緊急は、スタッフ一同、とにかく気合いが入っていて
テンパった状態です.

「とりあえず片っ端からスタッフを呼べ!」という感じで
当直あけだろうが、ちょっと遠方だろうが
ガンガン呼ばれてしまいます.

a0055913_0495046.gif


カテの準備に追われるスタッフの後ろ姿を横目に見ながら
私も患者さんの対応に追われます.

心電図やデータをみてあれこれと作戦を考えながら
スタッフに指示を出していきます.

幸いにカテーテル治療も無事に終了し
スタッフもほっと一安心でした.

ふと気がついた時には、カテ室は
夜だというのに、多くのスタッフでにぎわっていたのでした.

3月には、沢山の心臓CTの予約が入っているので
カテ室のほうも、それに合わせて忙しくなりそうです.

さてかねてより楽しみにしているZIO専用Macは
この金曜日に、手元に届くそうです.
どんな機種が届くかは、私は、まだ聞いていません.
by yangt3 | 2009-02-25 00:50 | コーヒーブレイク(雑談)

iPhoneで心臓CTチェック

金沢ライブの余韻も冷めやらぬままに
月曜日からは、平常業務が始まりました.

午後からはさっそく予定のカテーテル治療があったので
ライブで学んだことを実践に活かそうと頑張りました.

今日の症例は、ガイドカテがなかなか かかりにくく
結局ガイドワイヤー2本を使用して空中戦とあいなりました.

ガイドワイヤーのみでも十分なバックアップがとれるというのも
今回のライブで学んできた事です.
とにかく無事に治療が終わってよかったです.

本日のIVUSは、グッドマンのRevolusionを使用しました.
最近晴れてスレンダー会員となったMEの IT君が
張り切ってIVUSの解析をしてくれました.

a0055913_093815.gif


カテの合間には、先日から稼働中の心臓CT画像のチェックです.

今月は、心臓CT導入された月ということで
心臓CTのほうにかなり仕事のウェートを置いている感じです.

今回の金沢ライブ中も、心臓CTの結果は
メールで送ってもらってチェックしていました.

a0055913_095913.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-24 00:11 | iPhone
2月21日(土曜日)に金沢循環器病院におきまして
Slender Club Japan 9th meeting Live Demonsotration
in Kanazawa
が開催されて参加してきました.

Slender Club Japan(スレンダークラブジャパン)とは
患者さんに優しく安全で低侵襲なカテーテル治療をめざす研究会です.
日本全国の著名な先生方が会員として活躍され
日々、スレンダークラブジャパンの会員も増え続けております.

今回は、低侵襲なカテーテル治療(冠動脈インターベンション)として
スレンダーデバイス(細径、細いカテに、細い治療器具)を用いた
実際の治療を、ライブで実際の実技を見せていただくことができました.

沢山ある循環器の学会や研究会の中にあって
このスレンダークラブジャパンの研究会は、活気や熱気に充ち満ちた
素晴らしいミーティングであります.

よりよい治療を目指していこうという第一線の先生方の哲学や気合いが
直に感じられました.

東海大学の松陰先生のご発表の中のスライドが
今回のミーティングの熱気を伝えてくれると思います.

a0055913_003488.gif


アメリカのオバマ大統領にならって「YES、WE CAN CHANGE」です.
もっと良い治療、もっと低侵襲な治療に変革というのが
スレンダークラブジャパンの目指すところです.

続きを読む
by yangt3 | 2009-02-23 00:09 | 学会、勉強、研修など

金沢出張後に、Mac入院へ

2月21日(土曜日)は金沢循環器病院にて開催された
第9回スレンダージャパン金沢ライブデモンストレーションに
参加しました.

a0055913_041495.gif


詳細は、また月曜日に報告するとして
本当に充実した素晴らしいライブデモンストレーションでした.

コースディレクターの寺井先生を始め
ライブのオペレーター、ファカルティとして活躍された
先生方の皆様は、本当にお疲れ様でした.

このようなスレンダーライブを開催することが
とても大変であるということは重々承知ではありますが
またこのようなライブがあれば、と切に願っております.

次は4月4日に東京でスレンダー総会があります.
私もファカルティとして参加する予定です.

今回のお土産は、箔三昧という小さな金箔セットでした.

a0055913_0413385.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-22 00:44 | コーヒーブレイク(雑談)

金沢到着

2月20日(金曜日)の夜に金沢入りしました.
名古屋から新幹線ひかりで米原乗り換えの
特急しらさぎでおよそ3時間の道のりでした.

事前の情報で金沢は雪とのことで
完璧な防寒対策で出張に望みました.

そしていざ金沢です!

a0055913_1151575.gif


幸いに雪は降っていませんでしたが
凄い強風です.飛ばされそうで、駅構内の看板も
風にあおられて倒れていました.
かなり寒いです.

それでもせっかく金沢に来たので、夜になってしまったけど
金沢駅の中だけでも探検しました.
金沢駅の正面には、大きな鳥居のようなモニュメントが
そびえ立っていました.

道行く人たちは、この寒さに慣れているのか
平気な様子で過ぎ去っていきます.
これで雪が降っていたら、ほんと大変でした.

a0055913_116477.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-21 01:18 | 学会、勉強、研修など

金沢へ

この週末は金沢で開催される金沢ライブに出かけます.

Slender Club Japan Live Demonstration in KANAZAWA

a0055913_02266.jpg

平成21年2月21日(土曜日)in 金沢循環器病院

私のいる岐阜県可児市から金沢までは
JR等の陸路で3時間半ほどかかるため
実際には前日の2月20日(金曜日)の午後より
出張に出かけさせていただきます.

2月20日(金曜日)は午前中に病院の仕事を済ませて
2月21日(土曜日)の循環器外来は休診となりますので
申し訳ありません.

今回は、スレンダーライブということで
とても楽しみにしています.
スレンダークラブジャパンのメンバーの先生方にお会いできるのも
とても楽しみにしています.

さて首を長くして待っていたCTOの教科書が届きました.

a0055913_032346.gif


先日の第15回鎌倉ライブに参加した人に、斎藤滋先生のご厚意で
もれなく配布していただいた本です.
斎藤滋先生が共著者として書かれています.

英語ですが、慢性完全閉塞の教科書ということで、
これでいっぱい勉強できます.うれしいです.

金沢ライブ出張の往復の長い鉄路の道程を
斎藤滋先生の本がアカデミックなものにしてくれそうです.

続きを読む
by yangt3 | 2009-02-20 00:05 | 学会、勉強、研修など
狭心症や心筋梗塞の診断に、心臓カテーテルや心臓CTが
行われるわけですが、どうしても造影剤を使う必要があります.

カテやCTで使用される造影剤は
アレルギーに気をつけるということはもちろんのこと
造影剤による腎臓への影響がやっかいな問題です.

腎機能に問題のない方々の場合は、用量・用法を守って使用すれば
造影剤も安全に使用できます.

しかしもともと腎臓の機能が低下していたり
腎障害としてBUN、Creaなどの数値が上昇している人の場合
造影剤の使用をかなり躊躇してしまいます.

実際の対応として、カテーテル検査やカテーテル治療を
どうしても行わなければならない場合には
十分な輸液を行い、血管内超音波を使用して
できるだけ造影剤使用量を少なくするように努力しています.

心臓のカテーテル治療がうまく成功した後も
治療後の腎臓機能が順調に改善するように、悪化しないようにと
いろいろと頑張って点滴やクスリの調整をするのも
循環器医師の大切な仕事です.

循環器医師は、心臓だけでなく腎臓も
守っていく使命があるんです.

ところで腎障害、腎不全が漢方薬で改善するという話を
聞いたことがありますか?

a0055913_035223.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-02-19 00:05 | 一般