もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

月末恒例のカテーテル治療の病状詳記作成が
一段落しました.

5月はけっこう頑張って仕事をしたので
書類のほうも膨大です.

書類書きを頑張って、今月は早く片付けたので
ちょっとDVDなどを見る余裕も出来てきました.

今回、鑑賞したのは次の作品です.

 「252 生存者あり」

a0055913_052219.gif


首都圏をおそった未曾有の大災害の中で
奮闘するハイパーレスキュー隊の決死の活躍を描いた作品です.

伊藤英明 内野聖陽の二人の共演も興味深いところです.

まだ見ていない方のために、詳しいことは伏せておきます.

医療関係者や救急関係者から見ると、いろいろと ツッコミを
入れたくなる部分もあるかと思いますが
作品の迫力と熱気に、映画を見終わった後に、かなり元気をもらえます.

思わず知らず知らずのうちに、コブシを握りしめて
腕立て伏せや腹筋をしたくなるような映画です.

「海猿」ファンの人には,特にお勧めだと思います.
わがカテ室スタッフは、必見です!

やはり仕事は 思いや気持ちを込めて 精進しなくてはいけませんね!
by yangt3 | 2009-05-31 00:52 | コーヒーブレイク(雑談)

古巣にて

先日、知人の見舞いのために
以前務めていた病院にちょっと立ち寄ってきました.

もうその病院を辞めて3年以上になりますが
長らく務めた病院でもありますし
私たちにとっては 故 古高先生の想い出が詰まった場所
でもあります.

今はもう知る人も少なくなった病院で
予定通りにお見舞いを済ませて
いくばくかの感慨とともに、帰ろうとしたところ
病院の玄関で、私を呼び止める人がいました.

以前務めていた時に、私の外来に通われていた方でした.
辞めて何年もたつのに、私を覚えていただいていることは
うれしい驚きであり、しばし懐かしい世間話に花が咲きました.

研修医の頃に縁あって、主治医を務めさせたのがきっかけで
今でも年賀状を頂いている患者さんがいます.

こうした綱がらりが私たちを支えてくれているのでしょうね.
日々接するもの全てが、本当に一期一会です.

a0055913_894855.gif

by yangt3 | 2009-05-30 07:51 | コーヒーブレイク(雑談)
医師生活のかなりの期間を東海3県の中で過ごしたため
私の懇意にする同僚や、病院スタッフのほとんどが
中日ファンです.

以前務めていた病院では、交通の便が良かったこともあり
時折、病院の中日ファンたちがこぞって
ドームに試合観戦にでかけていました.

私は、それほど熱狂的な野球ファンではないのですが
周囲のスタッフたちが野球に熱中している様を見ていると
知らないうちに、いろいろと影響されています.

昔、一緒に働いていたとても優秀な外科医の先生の場合
難しい顔をして考え込んでいたかと思うと「あっ!」と
突然、大声をあげて周囲を驚かせていました.

「どうしたんですか?」って聞くと
「今日の中日の先発が気になって、気になって」

それぞれの各球団のファンの人たちがさまざまなジンクスを有しており
ある先生は、自分が直接、試合を見ると負けてしまうので
試合を見ることなく応援していました.

こんなに皆を夢中にさせるのですから、野球は本当に素晴らしいスポーツです.

書店でこの本を見つけた時に、迷わず購入しました.

 133キロ怪速球

a0055913_016348.gif


山本 昌 著

2008年に史上24人目の200勝投手となった山本 昌投手の本です.

アラフォー世代として現役で頑張っているという点では
野球ファンでなくても、夢中で読める内容です.

山本 昌 投手の「小さな努力をコツコツと」という言葉に勇気づけられます.

a0055913_0165445.jpg

by yangt3 | 2009-05-29 00:16 | 皆さんに紹介したい本

ホームネットワーク

最近、カテーテル治療はほとんど8割の症例で
スレンダーシステムによる治療を行っています.

カテ室スタッフも細いカテに細いガイドワイヤーに
随分となれてきました.

今日の症例も、なんとか5Fr システムにて無事に治療が
完了しました.

最近の悩みはというと、病変の10ワイヤーの通過、前拡張、
そしてステントの持ち込み、植え込みまでは
まあまあ問題なく治療を勧めることができるのですが
最後の仕上げの後拡張となって、バルーンが通過しないというような
事態に遭遇することです.

スレンダーシステムに対応したよりよい後拡張バルーンを
いま探しています.皆さんの情報を教えて下さい!

a0055913_0182213.gif


さて今日は、全ての仕事が完了したあとに
自宅に帰ってちょっと秘密の作業をいたしました.
お供は、病院のSEさんのKAさんと、ザイオの担当者の方です.

a0055913_0185228.gif


自宅での小一時間あまりの作業で、とある機械が無事に
設置されました.
といっても私は、横でMacをいじりながら見ているだけでしたが(笑)

これが次なる画像ネットワークの仕掛けの手始めとなります.
詳しくは、また記事で紹介します.

a0055913_0191465.gif

by yangt3 | 2009-05-28 00:19 | カテ室リニューアル!
小山 薫堂 氏の著書を書店で見かけて
思わず買ってしまいました.

その書名にも ちょっと心惹かれるものがありましたし.

 もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる!
 幻冬舎新書

a0055913_738651.gif


 小山 薫堂 著

小山 薫堂 氏といえば、最近 話題の人です.
私の身近な若い人に、小山 薫堂さんって知っている?と聞いてみると
わかりません、といわれて ちょっとがっくり.

でもあの有名な「おくりびと」の映画脚本を書いた人といえば
誰でも「ああっ!」とすぐにわかります.

映画「おくりびと」を見た人も、見ていない人も
この本を読んで いろいろと得ることは多い本です.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-27 07:39 | 皆さんに紹介したい本
私の古いMacBook Pro は、諸般の事情から
現在は、我がカテ室ME ITさんの元で
けなげに国内留学中です.

最新のマシンではないものの、これで晴れて
ME ITさんも、念願のMacユーザーとなったわけでした.

これまでWindowsユーザーであったITさんですが
レンタルとはいえ、Macをゲットして
さらにパワーアップしてカテの仕事に取り組んでおりました.

そして5月25日(月曜日)の午後のこと.
いつものように、カテーテル治療が無事に完了.
(今日もスレンダーPCIでした!)

ME ITさんが、
ちょっと最近、Macの調子が悪いので見てもらえませんか?」
とのこと.一緒にMacBook Proの所に見に行ってみると

いつもとなんだか様子が変です.

なぜかトラックパッドもクリックボタンも盛り上がっていて
クリックボタンが押せなくなっていました.

a0055913_024199.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-05-26 00:06 | マッキントッシュ

聴診器

今の時代、聴診器だけで
診察、診断がすんでしまうということはありません.

循環器の場合も、基本的な診察以外に
心電図、レントゲン、血液検査、心エコー検査などを駆使して
多くの心臓病の診断が行われます.

現在では、心臓CTを使えば、これまでカテーテルでしか
わからなかった細かな冠動脈の状態すら
比較的簡単に診断がつくようになっています.

そうはいっても、医師にとって、とりわけ
心臓専門の医師にとっては、聴診器はやはり大切な診療ツールです.

聴診器なしでは、やはりなんだか落ち着かないのです.

思い起こせば最初に聴診器を手にしたのは
医学生の頃、臨床実習の頃です.あれから幾年月.

聴診器というのは、実は消耗品でして、長く使っていると傷んできます.
私の場合は3~5年に一度は、聴診器を交換しています.

なぜかというと、長らく使っていると、聴診器も壊れてしまうからです.

現在、使っている聴診器は、もう5年目くらいですが
ついに先日、調子が悪くなってしまいました.

a0055913_01317.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-05-25 00:02 | コーヒーブレイク(雑談)

一人ではなく

コンビニ弁当でも、カップラーメンでも
家族と一緒なら美味しく食べられます.

逆にどんなご馳走でも、たった一人で食べるのは
なんだか味気ないものです.

学会や研究会で出張の時にも同伴者がいなければ
一人でお店に入るのもおっくうなので
手近なお弁当なんかでホテルの部屋で、さっと済ませてしまいます.

食事だけでなく、お酒も同じですね.
一人では、なにをやっても楽しくないです.

 1)脳卒中:「孤独な酒」危険性2倍 頼れる人いれば適量でリスク減
 --厚労省研究班調査
 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090521dde007040038000c.html

 2)「ひとり酒」は脳卒中リスク高い? 男性の飲酒、適量でも
 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090521AT1G2100821052009.html

最近の研究調査によると、一人よりも仲間と楽しくお酒を飲む方が
脳卒中の予防に繋がるとのことです.

a0055913_034241.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-05-24 00:34

東濃クレイマー!?

映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」や「チーム・バチスタ」で
有名となった、海堂 尊 先生の 新作です.

 極北クレイマー

 海堂 尊 著

a0055913_0353947.gif


今回は、財政破綻にあえぐ沈没寸前の地方の赤字病院が舞台です.

赤字5つ星(!!)の極北市民病院に
大学から赴任した外科医・今中 先生が今回の狂言回しの主人公です.

財政破綻にあえぐ架空の街 極北市を舞台としています.
唯一の市民病院では、院長と事務長は対立し、衛生でカルテ記載もずさん.
病院の中は、閉鎖的で複雑な人間関係で余所者や新参者に冷たい....

これ以上の詳しい話は ネタバレになるので
ぜひ本作をご覧になってください.

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-23 00:35 | 皆さんに紹介したい本

癒しの音楽、癒しの声

音楽が傷つき疲れた心に 大きな癒しとなることは
誰しも経験があることです.

人それぞれに思い入れのある音楽が必ずあると思います.

私は、白い巨塔のテーマ曲として有名になった
「アメイジング・グレイス」の曲を聴くと
決まって 故 古高先生のことを思い出してしまいます.

a0055913_014318.gif


今は天上界に旅立っていった大切な人たちの想い出が
特定の曲に凝縮しているかのようです.

音楽と医学との関係については、以前から
さまざまに研究されてきました.

循環器の分野でも、カテーテル検査中に、BGMを流したほうが
検査を楽に受けることができるという研究成果があります.

音楽の血管拡張作用についても記事がありました.

 「好きな音楽」に血管拡張の作用 米研究者が報告
 http://www.cnn.co.jp/science/CNN200905180030.html

続きを読む
by yangt3 | 2009-05-22 00:02 | 一般