もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

カテ室の風景

月曜日から、けっこう難しそうな CTO症例がありました.

治療前に撮影していた心臓CT検査で、ある程度、病変の状態と長さを
把握していたので、なんとかカテーテル治療がんばりました.

循環器の診療において、心臓CTは、狭心症や冠動脈狭窄の診断だけではなく
いろいろな先生が言われているように
慢性完全閉塞などの治療困難な症例のいわば道しるべ、案内地図となります.

心臓CTにより、当院では対処困難な難しい症例をあらかじめ判別し
スレンダーシステムで治療可能な症例に、治療の的を絞ることができます.

今回も、心臓CTスタッフの頑張りと努力による素晴らしいCT画像と
スレンダーデバイスに日頃右往左往しているカテ室スタッフの努力により
なんとか治療が成功したと思います.

これからもスレンダー PCIを中心として、症例を重ねていきたいと思います.

治療が無事に終了し、きれいな仕上がりとなり、
カテ室スタッフの士気もいやがおうにも高まっていきます.

a0055913_024171.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-30 00:04 | コーヒーブレイク(雑談)

ラーメンガール

西田敏行さんのハリウッドデビュー作で
ラーメンがテーマとくれば、これは観ないわけにはいきませんね.

私は、この DVDをTSUTAYAネットレンタルで借りて観ました.

ラーメンガール

a0055913_0311.gif


まるで日本映画のような雰囲気ですが
ハリウッドのはロバート・アラン・アッカーマン監督による作品です.

主人公はブリタニー・マーフィーが
日本語もわからないのに、気難しいラーメン屋の主人に弟子入りして
ラーメン職人を目指すアメリカ人女性を見事演じています.

西田敏行さんとブリタニー・マーフィーとの
日本語と英語での掛け合いが秀逸で素晴らしいです.

師匠と同じように作ったのに、おいしいラーメンを作れないのはなぜか.
彼女のラーメンに何が足らないのか.

詳しくは、ぜひ映画を観ていただきたいです.

面白くって、ほろりときて、ためになるそんな映画です.

子供たちと一緒に観ましたが、けっこう楽しんでみていました.

ラーメンの世界は、本当に奥が深いですね.

a0055913_032956.gif

by yangt3 | 2009-06-29 00:03
新しい iPhone 3GSの目玉機能の一つとして
音声コントロールというのがあります.

わかりやすくいうと自分の声で iPhoneに向かってなにかしゃべると
iPhoneがそれに反応してくれるということです.

たとえば「自宅に電話」というと、 iPhoneが
「ジタクニデンワシマス」と返してくれて実際に電話してくれます.

a0055913_074541.gif


何度かやってみました.音声認識は、まずまずでした.
実際にやってみると、なんとなく恥ずかしい感じがしましたが
私だけでしょうか(笑)

以前に使っていたカーナビにも、同じような音声コントロールがありましたが
結局、使わずじまいだったことを思い出します.

人混みの中で、音声コントロールを使うのには、少しだけ勇気が必要みたいです.

そういえば iPhoneをパッドに置くだけで充電器でいるという製品を見つけました.

 ケーブル不要、iPhoneをパッド上に置くだけで充電できる「WildCharge Skins」
 http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/25/101/index.html

a0055913_081332.gif


専用マットにぽんとおくだけで、ワイヤレスで充電できるそうです.
ちょっと気になります.

仕事に疲れた久しぶりの休みの日には、
私自身にも充電マットが欲しい気がします.
by yangt3 | 2009-06-28 00:08 | iPhone
6月26日(金曜日)、全国一斉に
新しい iPhone 3GSが発売開始となりました.

事前に予約していた私は無事に、発売日当日に
この新しい iPhone 3GSを入手することができました.

昨年の7月に 最初の iPhone 3Gを手にしてまだ一年経っていませんが
Macユーザー、 iPhone ユーザーとしては
今回の抜群に性能アップした iPhone 3GSを黙って見過ごすわけには
いかなかったのです.

私は、地元のソフトバンクショップ ラスパ御嵩店で予約を入れていたのですが
6月26日(金曜日)の夕方に、仕事を終えてショップに向かってみると
東京の表参道や渋谷のような混雑もなく、
すぐに新しい iPhone 3GSを手にすることが出来ました.

私が今回、選んだ機種は、 32GB ブラックのモデルです.
大都市では、品薄とか、予約が一杯とか噂されて、ちょっと心配していました.

今回、ショップで予約を取るときも、26日に無事に納品されるかどうか不明です.
なんて脅かされていたので、やれやれです.

SIMカードの入れ替えは、ショップでやってくれたので
あとは自宅で、カスタマイズするだけです.

a0055913_02364.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-27 00:07 | iPhone
研修医の頃からずっとコーヒー党でした.

毎朝、出勤の朝に病院の玄関にある自販機でコーヒーを買ってまず一杯.

その後は、医局秘書さんが入れてくれたコーヒーをまた一杯.

仕事を済ませるとまた医局でコーヒーでまた一杯.

そんな風に一日気がついてみると5~6杯は、コーヒーを飲んでいました.

最近は、敬愛する人に習ってもっぱら紅茶党です.
もちろん仕事中は、紅茶にブランデーを入れることはありません(笑)

先日、学会出張の折、とある新幹線の駅の自販機で見つけた
アールグレイがとても美味しくて、近所の店に売っていないか探しています.

音楽も、大学から研修医の頃は、どちらかといえばフォークソング派でした.

洋楽も聴いていましたが、ビートルズにカーペンターズに
クィーンにサイモンとガーファンクルが中心でした.

最近、音楽も少し聴くジャンルが変わってきました.

ジャズをよく聴くようになってきたことと
仕事で疲れた夜には、なぜかクラッシック音楽です.

ちょっと気になっていた 辻井 伸行さんのアルバムを、 iTunes Music Storeで
購入しました.

a0055913_065960.gif


辻井伸行 - debut

音楽には素人の私でさえ、彼の弾くピアノの音の素晴らしさには
びっくりさせられました.

好きな紅茶を飲みながら、辻井さんの素晴らしいピアノを聴くというのは
忙しい今の私には、最高の贅沢になりそうです.

カテ室のBGMでも、しばらくは、辻井さんのピアノが流れることになりそうです.
by yangt3 | 2009-06-26 00:07 | 一般
すでに CVITに出席のため札幌入りされた先生方は
本当にお疲れ様です.
私の方は、まだまだ日々の仕事に忙殺されています.

現在、私のメインマシンは、 MacBook Pro 17 インチです.

a0055913_075030.gif


これまで使っていた軽量の MacBooK Airは
いったいどうなってしまったのでしょう.

実は、これまで自宅で私の古い PowerBook Tiを家人が使っていたのですが
ついに先日、調子が悪くなってしまいました.

そこでやむなく、私の使っていた MacBook Airを家人に譲ることしました.

MacBook Airを家人専用マシンとして、メール送受信から様々な設定まで
全てカスタマイズし直して、季節外れのプレゼントとなりました.

MacBook Air専用に購入したバックもセットで家人にプレゼントです.

私は、こんな理由で、今は、また3キロの MacBook Pro 17インチを
毎日持ち歩く日々となりました.

ちょっと最近、運動不足気味だったので、ちょうどよいかもしれません(笑)

3キロの重さは、かなり重いですが、毎日通勤に仕事に持ち歩いて、とてもよい運動です.
起床画面が大きいので、カテの仕事をする時には重宝します.

MacBook Airと MacBook Pro 17インチを比べるとワイヤレスの無線の感度も
ボディが大きな分17インチのほうが感度がよいようです.

Macユーザーを夫とする奥様からは
「私にこのMacBook Airをくれるのはいいけれど、
 新しい Macを買おうという、魂胆ではないでしょうね?」と鋭い突っ込みが.

いえいえ、決してそんなことはありません.
新しい iPhone 3GSをゲットするだけで私には十分です(笑)

そんなわけで、私の家族全員、子供たちも含めて
みんなMacユーザーです.

Macユーザーとなった子供たちは史上最強の私の見方になるでしょう(笑)

a0055913_082715.gif

by yangt3 | 2009-06-25 00:08 | コーヒーブレイク(雑談)
当院では透析患者さんが多数通院されているため
透析患者さんのカテーテル治療も必然的に数多くあります.

透析患者さんのカテーテル治療については
冠動脈にしても末梢動脈にしても、動脈硬化の治療に
いつも頭を悩ませています.

透析患者さんのカテーテル治療でとりわけ大変なのは
「どこから穿刺するか?」です.
透析のためのシャントにより両方の上肢は基本的に使用ができません.

そのため両側の大腿動脈穿刺ということになります.

末梢動脈、とりわけ下肢動脈の治療を行うときに
血管穿刺の選択の余地が限られるため
できるだけ低侵襲に、スレンダーに治療ができるようにと思います.

末梢動脈の治療に使う専用の血管シース・対側シースには
どれも帯に短し、たすきに長しで、あまりぱっとしませんでした.

・デバイスが固くて追従性が悪く対側の病変まで進められない.

・シースの氏血弁のできが悪くて、 PPI中の血液のリークが無視できない.

・追従性がよくなると、逆に血管でのサポートが悪くなり抜けてしまう.

などなど末梢動脈のカテーテル治療の時には、カテ室スタッフとともに
悩んでいました.

今回、細径のシースレスガイドである
メディキットの Parent Plus 45 ーペアレント プラス45ーを
使う機会がありましたが、これは本当に素晴らしかったです.

a0055913_0101518.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-24 00:13 | カテ室リニューアル!

ラッコかわいや

毎週木曜日に午前の外来診療に出かけている
春日井市の灰本クリニックで
7月1日より、電子カルテシステムの稼働が始まります.

以前勤めていた病院では、ずっと電子カルテを使っていましたが
当院では、まだオーダリングシステムだけですので
ちょっと電子カルテがうらやましいです.

もうすでに私の IDとパスワードが登録されております.

a0055913_065933.gif


こちらがパスワード入力画面になります.

これまで使った無味乾燥なシステムと違い
この電子カルテには、なんとラッコがいるのです!

その名もずばり 電子カルテ ラッコシステムなんです.

a0055913_071441.gif


そんなシステムであれば、ラッコかわいさに
ついつい仕事も楽しくはかどりそうです.

もちろんラッコのかわいさだけでなく、新しく導入される電子カルテということで
さまざまなカスタマイズされた機能がついています.

こういう電子機器がると、なんとなくうれしくなるのは
悲しい性でしょうか(笑)

当院でも、いずれは電子カルテを導入したいですね!
by yangt3 | 2009-06-23 00:08 | 一般

返信のない手紙

患者さんの紹介状を書いたり、その返事を書いたりという
いわゆるお手紙を書く仕事は、医師の仕事の中で、かなりの部分を占めてます.

いつもたくさんカテーテルの紹介をしてくださる先生へのお返事は
当然、こちらも気合いが入ります.

私の MacBook Pro上には、紹介先の先生毎の個別の
紹介状返信のテンプレートを作っています.(主に Pagesを使ってます).

最初に患者さんが外来にかかられた時にまず、まず紹介先にお返事を書き
カテーテル検査や治療が終わると、少なくともその翌日までには
カテ結果を書いた返事をまた紹介先に出しています.

カテーテル治療後しばらくは、私たちの外来で併診をさせていただくのですが
症状が安定して、紹介先の先生に全てお任せする際に
さらにもう一度、紹介状を書きます.

このように循環器でカテーテルの紹介をいただくと、最低でも3回は
手紙を書いています.

筆無精の私ではありますが、Macの力を借りて
とにかく細かく日頃お世話になっている先生方への返事を出しています.

自分自身も、他の病院に患者さんを紹介した際に
すぐにお返事をいただくと、とてもうれしいので
自分がしてもらうとうれしいことを、日々実践するというように
自分を戒めています.

a0055913_021353.gif

「手紙」という映画、とても素晴らしかったですね!

続きを読む
by yangt3 | 2009-06-22 00:03 | コーヒーブレイク(雑談)
病気療養のために静養されていたアップルの CEO(最高経営責任者)である
スティーブ・ジョブズ氏が約2ヶ月前に肝臓移植手術を受けていたそうです.

 1)アップルのジョブズ氏、肝臓移植=経過良好、月内復帰へ-米紙
 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009062000241

 2)アップルCEOが肝臓移植 復帰は予定通り6月中
 http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062001000395.html

 3)スティーブ・ジョブズ、肝臓移植を受けていた! - 業務復帰は6月末か
 http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/20/018/

 4)米アップルCEOが肝臓移植、6月中に復帰へ WSJ紙
 http://www.afpbb.com/article/economy/2613266/4286489

a0055913_0172578.gif


これらの記事によれば
「米AppleのCEOで現在病気療養中のSteve Jobs氏が、
 今年4月ごろにテネシー州で肝臓移植を受けていたと
 米経済紙『The Wall Street Journal』が6月20日付けの同紙(オンライン版)で
 報じている。」と伝えられています.

ジョブズ氏は2004年、自身が膵臓ガンにかかっているこことを公表し
外科手術を受けていました.
その後、ジョブズ氏は今年1月から、療養生活に入っておりました.

ネットでの噂では、6月末の業務復帰を
ジョブズ氏が望んでいるとされています.

古くからのMacユーザー、アップルファンにとって
ジョブズ抜きのアップルは考えられない感じです.

決して無理はしないで欲しいですが、元気でそのカリスマ性をずっと
発揮していて欲しいと願っています.

というわけで、当ブログは、勝手にアップルとジョブズを応援しています.

新しい iPhoneを購入するのも、定期的に新しいMacを買い換えするのも
それが理由です.
by yangt3 | 2009-06-21 00:18