もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しい仲間が増えました

この度、新年度より 新任の先生が当院に赴任されました.

外科と透析領域に造詣が深い、ベテランの先生です.
今回、縁あって私たちの病院で
ご一緒に仕事をされる運びとなりました.

a0055913_2392193.gif


地方の病院にとってはまず医師の確保とスタッフの充実が
最重要課題です.

きびしい医療情勢の中で素晴らしい先生が
病院の仲間に加わっていただいて
本当に涙が出るくらいにうれしいです.

新しい仲間が増えて、これからますますの
診療の充実が図れると職員一同、気持ちを新たにしております.

病院スタッフの共有する大きな夢にまた第一歩
近づけるような気がします.

今後ともよろしくお願いします.

追記;なお医師赴任に伴い診療体制の変更等がございますので
   病院に来られる前に、一度電話等でご確認をお願いいたします.
by yangt3 | 2010-04-21 23:09 | 一般
2010年5月9日(日曜日)から5月15日(土曜日)は
看護週間です.

毎年5月12日は看護の日として、看護に関する様々なイベントが
全国で開催されます.

当院でも外来や病棟などのあちらこちらに
看護の日のポスターが貼られています.

a0055913_22211735.gif


今年の看護の日のポスターに書かれた言葉がこれです.
「折れそうな心まで支えてみせる」

なんだかこのポスターを見るだけで、元気が出てきそうな気がします.

医療の現場を支える全国の看護師さんたちの
仕事や活躍の様子をぜひこの機会に
もう一度見直すよい機会だとおおいます.

折れそうな心を支えてもらっているのは
患者さんたちだけではありません.
医師を始めとする現場スタッフの折れそうな心もまた
看護師さんたちがしっかりと支えてもらっていると実感します.

日々そんな大変な仕事に従事する看護師さんたちが
心が折れそうな時には
やはり患者さんの笑顔が元気の素になると思います.

及ばずながら日頃お世話になっている私たち医療スタッフもまた
看護師さんたちを、支えて行きたいと思います.

医師にとって看護の日は、看護師さんたちに感謝をする一日です.

こちらが関連ページです.

 看護の日 - 日本看護協会
 http://www.nurse.or.jp/home/event/simin/index.html

看護の日のCM動画が掲載されています.
看護の仕事って素晴らしいですね!
by yangt3 | 2010-04-15 22:21 | 一般
皆様のおかげを持ちまして、このつたないブログも
平成22年4月12日にブログ訪問50万ヒットを達成いたしました.

a0055913_10381069.gif


どちらかといえば、真面目な内容ばかりで
地味なブログなんですが、なんとかここまで続ける事ができました.

もともとは、当院で診療を受けられている患者さんへの情報提供と
病院スタッフへの教育目的で始めたブログです.

回数を重ねるにつれ、さまざまな方々にブログを見ていただくようになり
責任を改めて痛感しております.

当院は、スレンダークラブジャパンの趣旨に賛同し
岐阜県内では数少ないスレンダーPCIを実践していおります.

全国の先生方に遅れないように一生懸命についていって
これからも研鑽を続けていきたいと思います.

今後ともよろしくご指導のほどお願いいたします.
by yangt3 | 2010-04-12 10:38 | 一般
4月10日に東京で開催された
第20回スレンダークラブジャパン総会 
ビデオライブデモンストレーション in Tokyoにおいて
コメディカルセッションのポスターセッションで
当院カテ室で一緒に仕事をしている ME ITさんが発表されました.

a0055913_1740551.gif


見事な発表ぶりで、そばで見ていた私も
特に口をだすこともありませんでした.

私たちカテ室での日頃の取り組みのいったんを
今回、こういう形で発表できて良かったと思います.

これからもカテ室スタッフのさらなる活躍を
多いに期待したいと思います.
by yangt3 | 2010-04-11 17:41 | 学会、勉強、研修など

休診のお知らせです.

4月10日(土曜日)の午前の循環器外来は
東京への学会出張のために休診となります.よろしくお願いいたします.

今回の東京出張の目的は
第20回スレンダークラブジャパン総会
ビデオライブデモンストレーション in 東京に参加するためです.

今回は光栄なことに、お仕事も頂いて、いつにも増して
張り切っての参加です.

さらには当院カテ質ME ITさんが、なんと
ポスターセッションで発表されることになっております.

スレンダークラブジャパンの活動は、私たちのカテ室にとっては
なによりも大事な学会活動となっております.

低侵襲な治療をめざすスレンダークラブジャパンの活動への参加が
また日頃のカテ室の仕事にすぐに結びつくと思われるので
よろしくお願いいたします.
by yangt3 | 2010-04-09 20:43 | 学会、勉強、研修など

事実は小説より奇なり

信じようと信じまいと、世の中には本当に奇跡のような
出来事があるものです.

 脳と心臓に銃弾―命とりとめたインド人女性、医師「奇跡だ」
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0407&f=national_0407_022.shtml

 ー記事によると、頭部と胸部と腕を撃たれ、きわめて危険な状態に陥った
 インド人女性が決死の治療により一命をとりとめたそうです.

 病院に運び込まれて撮影したCTでは、頭部の銃弾は
 左耳付近から大脳内部に食い込んでおり、
 胸の銃弾は、心臓に達していたそうです.
 さらには肋骨が損傷しており、再び大出血が起こったり
 血腫が発生する恐れもあったそうです.

 幸いなことに、生命維持に必要な脳の部位に損傷がなく
 大量の輸血と長時間の手術を繰り返し
 なんとか一命をとりとめたということです.

どのような重症患者さんでも、わずかな可能性をあきらめる事なく
頑張らなければと思います.

そのためには、人員確保、医療機器の整備、インフラ整備が
絶対的に必要です.まだまだ足らないものが多すぎます.
by yangt3 | 2010-04-08 21:24 | ニュース

心臓の弁を体内で再生 

最近、当院でも、手術を必要とされる
心臓弁膜症の患者さんが増えています.

当院では心臓血管外科を併設していないため
弁膜症の手術は近隣の、手術のスペシャリストの先生方に
お願いする事にしています.

先日も大動脈弁狭窄症の患者さんが
無事に手術を終えられて元気に当院に戻ってこられました.

心雑音を指摘されながら十分な検査、診断を受けずに
心臓弁膜症が悪化されている方も時におられます.

まだまだ私たちの仕事が不十分だということで
しっかりと通院されている患者さんの皆さんに
心臓弁膜症の啓蒙を行って必要な検査を行っていきたいと思います.

心臓弁膜症の治療も確実に進歩を続けています.

 心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道
 http://www.asahi.com/science/update/0327/TKY201003270205.html

自分の体内で再生させた弁の開発が進んでいるそうです.
拒絶反応が起きないことが利点であり、今後の発展に多いに期待です.
by yangt3 | 2010-04-04 12:32 | 一般