もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
4月10日に東京で開催された
第20回スレンダークラブジャパン総会 
ビデオライブデモンストレーション in Tokyoにおいて
コメディカルセッションのポスターセッションで
当院カテ室で一緒に仕事をしている ME ITさんが発表されました.

a0055913_1740551.gif


見事な発表ぶりで、そばで見ていた私も
特に口をだすこともありませんでした.

私たちカテ室での日頃の取り組みのいったんを
今回、こういう形で発表できて良かったと思います.

これからもカテ室スタッフのさらなる活躍を
多いに期待したいと思います.
# by yangt3 | 2010-04-11 17:41 | 学会、勉強、研修など

休診のお知らせです.

4月10日(土曜日)の午前の循環器外来は
東京への学会出張のために休診となります.よろしくお願いいたします.

今回の東京出張の目的は
第20回スレンダークラブジャパン総会
ビデオライブデモンストレーション in 東京に参加するためです.

今回は光栄なことに、お仕事も頂いて、いつにも増して
張り切っての参加です.

さらには当院カテ質ME ITさんが、なんと
ポスターセッションで発表されることになっております.

スレンダークラブジャパンの活動は、私たちのカテ室にとっては
なによりも大事な学会活動となっております.

低侵襲な治療をめざすスレンダークラブジャパンの活動への参加が
また日頃のカテ室の仕事にすぐに結びつくと思われるので
よろしくお願いいたします.
# by yangt3 | 2010-04-09 20:43 | 学会、勉強、研修など

事実は小説より奇なり

信じようと信じまいと、世の中には本当に奇跡のような
出来事があるものです.

 脳と心臓に銃弾―命とりとめたインド人女性、医師「奇跡だ」
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0407&f=national_0407_022.shtml

 ー記事によると、頭部と胸部と腕を撃たれ、きわめて危険な状態に陥った
 インド人女性が決死の治療により一命をとりとめたそうです.

 病院に運び込まれて撮影したCTでは、頭部の銃弾は
 左耳付近から大脳内部に食い込んでおり、
 胸の銃弾は、心臓に達していたそうです.
 さらには肋骨が損傷しており、再び大出血が起こったり
 血腫が発生する恐れもあったそうです.

 幸いなことに、生命維持に必要な脳の部位に損傷がなく
 大量の輸血と長時間の手術を繰り返し
 なんとか一命をとりとめたということです.

どのような重症患者さんでも、わずかな可能性をあきらめる事なく
頑張らなければと思います.

そのためには、人員確保、医療機器の整備、インフラ整備が
絶対的に必要です.まだまだ足らないものが多すぎます.
# by yangt3 | 2010-04-08 21:24 | ニュース

心臓の弁を体内で再生 

最近、当院でも、手術を必要とされる
心臓弁膜症の患者さんが増えています.

当院では心臓血管外科を併設していないため
弁膜症の手術は近隣の、手術のスペシャリストの先生方に
お願いする事にしています.

先日も大動脈弁狭窄症の患者さんが
無事に手術を終えられて元気に当院に戻ってこられました.

心雑音を指摘されながら十分な検査、診断を受けずに
心臓弁膜症が悪化されている方も時におられます.

まだまだ私たちの仕事が不十分だということで
しっかりと通院されている患者さんの皆さんに
心臓弁膜症の啓蒙を行って必要な検査を行っていきたいと思います.

心臓弁膜症の治療も確実に進歩を続けています.

 心臓の弁を体内で再生 拒絶反応起きぬ自己移植に道
 http://www.asahi.com/science/update/0327/TKY201003270205.html

自分の体内で再生させた弁の開発が進んでいるそうです.
拒絶反応が起きないことが利点であり、今後の発展に多いに期待です.
# by yangt3 | 2010-04-04 12:32 | 一般

開花

まだまだ朝方や夜半は肌寒いこともありますが
日中はすっかりと春めいてきました.

通勤路のあちらこちらで
ちらほらと桜を見かけるようになりました.
厳しい冬の後に訪れる春はやっぱり素晴らしいです.

春といえば出会いと別れの季節であります.

当院から学校に通っていた若手スタッフも
今回の試験でよい結果を出されたようです.

若者たちのこれからの活躍が楽しみです.
びしびし指導させてもらうつもりです(^.^)

4月には、また新入職員を迎える事になり
病院の中も少しだけ春めいた感じになりそうです.

その一方で別れもあります.
新天地に旅立っていくスタッフには
遠く離れてもずっと応援してあげたい気分です.

4月には、コメディカルスタッフだけでなく
医局のほうも多少の人員補充がある予定です.

循環器科は相変わらずの少数精鋭体制ですが
また新しい目標を持って頑張っていきたいと思います.

a0055913_21553368.gif

# by yangt3 | 2010-03-26 21:56 | コーヒーブレイク(雑談)
平成22年3月20日(土曜日)は
豊橋ハートセンターにて開催された第17回 東海ライブ研究会に
参加してきました.

心臓カテーテルに関する最新治療がライブで学べる研究会です.

今回は私だけでなく、当院カテ室より4名のスタッフも参加しました.

a0055913_2243464.gif


もちろん病院を留守にするわけにはいかず
ME ITさんは、病院で頑張って仕事をされていました.お疲れさまでした.

これまでにもましてプラクティカルで明日からの仕事に役立つ
貴重な勉強ができたと思います.

ちなみに当日、自家用車で参加された当院カテ室ME のFさんとKさんは
研究会会場に一番乗りだったそうです.

素晴らしいです.
# by yangt3 | 2010-03-20 22:04 | 学会、勉強、研修など
3月と4月の循環器外来の休診のお知らせです.

・平成22年3月20日(土曜日)
 第17回 東海ライブ研究会 参加のため循環器午前診は休診になります.

a0055913_15443630.gif

 当日は、カテ室スタッフも多数参加予定にしています.

・平成22年4月10日(土曜日)
 東京ライブ(スレンダークラブジャパン)参加のため
 循環器午前診は休診です.

・平成22年4月17日(土曜日)
 東海インターベンション 参加のため
 循環器午前診は11時で終了です.

学会、研究会、ライブなどへの参加のため
いつもご迷惑をおかけしております.

3月、4月は土曜日以外の外来は平常通りですので
よろしければ、そちらの診察時間においで頂けるとうれしいです.

よろしくお願いします.
# by yangt3 | 2010-03-18 15:46 | 一般

再度お知らせ!です.

今更ながらですけど
ブログなかなか更新ないのですが、大丈夫ですか?と
ご心配のお言葉を頂きました.

前にもお知らせした通り、現在、新しいブログに引っ越ししてまして
引き続き新しいブログのほうで
頑張って毎日更新しております.

まだ新しいブログをチェックされていらっしゃらなければ
これを機にぜひよろしくお願いします.

新しいブログはこちらです.

 新東可児第13同盟
 http://yangt3.blog.so-net.ne.jp/

このブログの機能がMac対応不十分のため
直接リンクがはれません.

もうしわけないですが、アドレスをコピーしていただくか
新東可児第13同盟でググっていただくことをお願いします.

今後ともよろしくお願いします.
# by yangt3 | 2010-03-16 17:33 | コーヒーブレイク(雑談)

若手会

平成22年3月2日(火曜日)夕方の6時より
「若手会」が開催されました.

a0055913_19283981.gif


言葉の通り、当院のいわゆる若手のスタッフが
各部署より自発的に集って、皆で勉強しようという集まりです.

運営、企画、実践は全て、若手のスタッフが中心で
ドクターは全然関与していないんです.

会場には沢山の若手スタッフが集まって多いに盛り上がっていました.
自分のことを「若手」と思う人は、部署、年連に関係なく
誰でもフリー参加です.

a0055913_1929122.gif


会場となった講義室はもう満員です.

私もまだまだ若手なので参加する権利はあるよね、なんて思い
末席にて参加してました.

今回の司会は、レントゲンTAMAさんと、ME部 ITさんが勤めました.

それぞれにまずは手始めの勉強会として
・脳出血のCT所見(レントゲンTAMAさん)

・人工呼吸について(ME ITさん)

病院というところは、いろいろな分野のプロフェッショナルが
集まっているところ.

せっかくその道のプロがいるのに、教科書で一人寂しく勉強するなんて
寂しいじゃないですか、というのがこの会のコンセプトだそうです.

普段の仕事以上に司会と講師を務めた二人は頑張っていました.

レントゲンのTAMAさんは、なみの研修医も真っ青というほどの
素晴らしい頭部画像診断を駆使して
ちょっと学会発表のような感じでした.格好良いです.

a0055913_19301134.gif


ME ITさんは、武田鉄矢かはたまたデンジロウ先生かと見まがうほどの
活躍でした.

a0055913_19314693.gif


病院での新たな二人のヒーローの登場の瞬間を見届けた感じです.

これからこの若手会を通じて、
さらに沢山のヒーローズが生まれる事でしょう.

私も若手の人立ちに見捨てられないように
勉強しなくちゃね、と多いに反省しました.

他施設の方もスタッフも、自分が若手と多いに自信がある方は
参加フリーのようですので、次回にはまた沢山の人が
参加されると素晴らしいですね.

詳しくは、レントゲンかME部までお問い合わせお願いします.
# by yangt3 | 2010-03-02 19:33 | 学会、勉強、研修など
ちょっと遅くなりましたが
先日、神戸で開催されたCCT 2010に参加した
当院カテ室スタッフの Fさんが、体験記を書いてくれました.

よろしくご覧下さいませ.

a0055913_1519047.gif


皆様、初めまして
今回CCT体験記を書く事になりました
まだまだヒヨッコのME、Fと言う者です。

このような文章を書く事自体かなり久しぶりなため
不思議な文章になってしまいますがご容赦ください。

さて今回、2回目のCCT参加です。
前回は初めてだったので会場の雰囲気に
圧倒されてしまいました。

さらにカテーテル治療をLIVEでおこなっていて
その治療についてコメンテーターの先生方と
LIVE会場の先生が話し合いながら、
最良の治療を目指している光景を見て衝撃を受けました。

今回ME部隊は前半後半に分かれCCTに参加いたしました。
後半に参加した僕は会場に着いたのが遅かったため
コメディカルセッションは終わっており
LIVEのみ見ていましたが今回は参加している人が
去年より多く座る席が無く立ち見でした。

その後、会場を一通り回ってホテルへと向かっていったのですが
地下鉄海岸線のホームに入った時でした。
なんとそこには三国志の漫画を書いた
横山光輝先生の関羽のパネルが…少しテンションが上がりました。

そこからホテルは1駅の所だったので
次は劉備か張飛かなと思っていたら姜維?!
(三国志を知っている人しか知らないかも知れませんね…)
意外な武将の登場にビックリしましたが
なぜかニヤニヤしている自分がいました。

なんでこんなに三国志のパネルがあるのかと思ったら
『KOBE鉄人PROJECT』の一環でした。
なので、地下鉄海岸線の各駅には
三国志の武将たちがパネルとなって飾ってあるようでした。

そして、地下鉄海岸線終点の新長田駅近くの若松公園には
鉄人28号の実物大のモニュメントがある様ですが
残念ながら見に行く事は出来ませんでした。

そして2日目は朝からコメディカルセッションに参加しました。

前半に参加したIさん(大変偉大な先輩)から
『コメディカルセッションは参加者が多いよ!』と言われていましたが
確かに参加者が多い!!

そして、会場についた時には人が多く
大変な熱気に包まれていました。

内容はPCIに使用するデバイスについてという事で
ガイディングカテーテルやガイドワイヤー・バルーン・ステント等で
自分が見た事の無いデバイス等があったりして
新たな発見が出来ました。

現在使用しているデバイスについては
さらに理解を深める事が出来ました。

そして午後からは緊急時の対応についてのセッションに
参加させていただき緊急時の心構えや対応等を
勉強させていただきました。

今回CCTに参加させてもらい
自分にとっては大変刺激になりました。
これからの治療に少しでも活かせていければと思います。

それでは、長文、駄文で申し訳ありませんが失礼いたします。
# by yangt3 | 2010-03-01 15:22 | 学会、勉強、研修など