もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自分で歩いてきた急性心筋梗塞

先日の記事で、急性心筋梗塞の患者さんが
まだまだ救急車を使用することが少ないということを
お知らせしました.
・救急車を呼ぶと近所の人に恥ずかしい
・自分では急性心筋梗塞とは思わなかった
・もう少し辛抱できるのではないか
そういう個々のいろいろな事由でもって
急性心筋梗塞になっても 救急車を呼ぶことが少ないのでしょうか.

先日、胸痛を訴えた60代の男性の方が
普通に自分で病院まで車を運転して
他の方と同じように 東可児病院の夕診を受診されました.

受付の段階で胸痛の訴えを確認し
診察の前に胸部レントゲンと心電図を検査してもらいました.
診察の合間に、先にその方の心電図をみたところ
なんと II、III、aVfの誘導で ST上昇が認められたのです.
この所見は、右冠動脈の急性心筋梗塞で認められるものです.

すぐに患者さんを診察.
午後から運動中に胸痛が出現したが我慢していたこと.
その後も胸痛(前胸部の痛みというよりは心窩部の痛みに近い)
が持続し、念のためと奥さんにも勧められて
病院を受診されたようです.
患者さんは、救急車を呼ぶことなく
たいしたことないからと、自分で自宅から車を運転して
病院まで来られたのです.

急性心筋梗塞を含めて重症の患者さんは、
救急車で来院するとは限らず、しばしばこのように
普通の慢性期の落ち着いた患者さんに混じって
病院の外来を受診されることも多く
我々病院スタッフにも十分に注意が必要です.

この方は、その後すぐに緊急心臓カテーテル検査を施行.
カテーテルにて右冠動脈#3の完全閉塞を認めました.

a0055913_849523.gif


ステント植え込み治療を行い
良好な拡張を得ました.
ステント治療後は、胸痛も消失し心電図所見も改善しています.

a0055913_8492883.gif


その後の経過も非常に良好です.

右冠動脈の急性心筋梗塞でもしばしば心室細動を併発することがあります.
軽い症状のうちに、いかに早く病院を受診するか.
急性心筋梗塞をいかに疑うか.
少しでも急性心筋梗塞を疑ったら遠慮せずに救急隊に連絡を
していただきたいと思います.

もし急性心筋梗塞の方が無理して我慢して自家用車で
病院に向かう途中に、心室細動を起こしてしまったら.
本当に大変なことになります.

救急のプロが同乗する救急車内での心室細動であれば
すぐにAEDによる除細動が施行されるため
本当に安心です.

このブログで少しでも心臓病に対して知識をもっていただき
自分や家族の方が胸痛などの症状が出現したとき
すぐに適切な治療を受けられるように
少しでもお役に立てたらと考えています.
by yangt3 | 2006-03-22 08:49 | カテーテルの話題