もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

新しく落ち着ける場所

医療関係者の食生活というと、外からみるよりは
実際は、かなり質素というか偏っています.

まともな時間に食事がとれないことも多くて
カップラーメンやコンビニ弁当を急いでかき込むということも
日常茶飯事です.

もし早食い競争なんてものに参加したら、とりわけ循環器の先生方は
上位入賞すること間違いなしです.

たまの休みに、家族で出かける外食が唯一のご馳走だったりします.
たいてい焼き肉とかバイキングとか、ラーメン店だったりするのですが.

こんな暮らしを長らく続けていると
素敵なレストランでの食事とか、しゃれたバーでお酒を楽しむなんて
そんなシチュエーションにあこがれます.

もちろん食事やアルコールだけでなく、そんな優雅でのんびりした時間に
あこがれるという感じです.

せめて気分だけでも という感じで グルメと関連したミステリを
良く読んでいます.

例えば、北森 鴻 氏の「香菜里屋を知っていますか」も
大好きな作品の一つです.

a0055913_02957.gif


アルコール度数の異なる4種のビールとマスターの工藤が作る
料理が自慢の自慢のビア・バー香菜里屋が舞台のミステリです.

決して人が死ぬこともなく、大きな犯罪も起こらないストーリーですが
読了後には、ビア・バーで楽しい時間と料理を楽しんだ後のような
潤沢な余韻に浸ることができる良質のミステリです.




香菜里屋とマスター工藤の密かなファンであったのですが
残念ながら、この作品でもって閉店となってしまいました.

次なるミステリのビストロを探していたところ
またよい店を見つけることができました.

タルト・タタンの夢

a0055913_014297.gif


近藤 史恵 著

下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルが舞台です.
無口で風変わりなシェフ三船さんと料理人の志村さん、ソムリエの金子さんに
ギャルソンの高橋くんが登場人物です.

フランス家庭料理のような肩の凝らない絶品料理を楽しみながら
小さなミステリを楽しむことができます.

香菜里屋と同じく 犯罪や殺人事件はありません.
その代わりに割り切れない人の心や、切ない思いが
上質のミステリとして語られる良書です.

ビストロ・パ・マルも常連になりそうです.

この二つの店に共通しているのは美味しい料理だけではなく
お客さんの体調や心の状態にまで気を配るスタッフのおもてなしです.

ビストロやレストランで食事をするということは
美味しい料理を食べるということばかりでなく
店の雰囲気やおもてなしの心を楽しむということなんですね.

私たちの外来にも高齢者の方々が数多くやってこられます.

子供達が早くに独立してしまいお年寄りだけで暮らしていたり
連れ合いを亡くして、一人暮らしということもあります.

病院や診療所に通うことが、数少ない人との交流の場だったりします.

子供達や家族のために一生懸命働いて年老いて
静かに暮らしている方々のために、病院が心休まる場所であることを
願っています.

忙しい外来では、なかなかお話をする時間もとれないのですが
香菜里屋やビストロ・パ・マルのように
病院を訪れる方々の体調だけでなく心もわかるような病院でありたいですね.

香菜里屋やビストロ・パ・マルのマスターやシェフと同じように
常連さん達のことについては、いろいろなことを把握するように
常日頃心を砕いています.

辛い病気と闘う皆さんが、私たちの循環器外来に来て
少しは体も心も楽になるように、といつも考えています.

外来の診療の中で、患者さんの皆さんが
少しでも笑顔を見せていただけるのが、私たちの大きな励みになっています.

a0055913_012135.gif


パンダやデディペアのケーキがあるそうです.
こちらにのっています.

http://www.rakuten.co.jp/milestone/853865/853868/#883763
by yangt3 | 2009-04-23 00:04 | コーヒーブレイク(雑談)