もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテ室の風景

月曜日から、けっこう難しそうな CTO症例がありました.

治療前に撮影していた心臓CT検査で、ある程度、病変の状態と長さを
把握していたので、なんとかカテーテル治療がんばりました.

循環器の診療において、心臓CTは、狭心症や冠動脈狭窄の診断だけではなく
いろいろな先生が言われているように
慢性完全閉塞などの治療困難な症例のいわば道しるべ、案内地図となります.

心臓CTにより、当院では対処困難な難しい症例をあらかじめ判別し
スレンダーシステムで治療可能な症例に、治療の的を絞ることができます.

今回も、心臓CTスタッフの頑張りと努力による素晴らしいCT画像と
スレンダーデバイスに日頃右往左往しているカテ室スタッフの努力により
なんとか治療が成功したと思います.

これからもスレンダー PCIを中心として、症例を重ねていきたいと思います.

治療が無事に終了し、きれいな仕上がりとなり、
カテ室スタッフの士気もいやがおうにも高まっていきます.

a0055913_024171.gif





ただいつも思うのですが、カテ室の中では、
CTOをスレンダーシステムで治療成功したよ!というと、すごい!!とよい反応なのですが
一歩、カテ室から外に出ると、他の職員の反応が鈍いのが残念です.

治療を受けられた患者さんがとても喜んでいただいたので、それでおつりが来るのですが.
もうちょっとカテ室以外でも盛り上がって欲しいと思います.

さて7月一杯で、長らくカテ室を支えてくれたスタッフの一人が
転勤ということになりました.

当院で覚えた基礎知識を元にもっと、もっとレベルアップして
ビックになって帰ってきて欲しいと思います.

a0055913_03335.gif


カテの合間に、当院カテ室を無事卒業となったスタッフに向けて
さまざまなサプライズの仕込みが行われました.

気分は、もうボスの CMです.

a0055913_035985.gif


「この星では...」をいろいろな言葉に置き換えてつぶやいてみると
多少はうっぷんも楽になる気がします.
by yangt3 | 2009-06-30 00:04 | コーヒーブレイク(雑談)