もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 02月 21日 ( 3 )

先日2月19日(日)に、
病院STAFF有志(Dr・事務・レントゲン・リハビリ・看護師)で
御岳ロープウェイスキー場へ行ってきました。
今回は院長が息子の遼君とともに参加されました。
さらに、夏季は看護師、冬季はスノーボーダーという異名を持つ
田口健太君もこのツアーに参加してくれました。
彼の妙技は本当に目を見張るものがありました。

a0055913_23252051.jpg


午前中は数回リフトに乗り、その後ゴンドラで
山頂から約4000mを滑走しました。
天気もよく非常に気持ちよかったのですが、
ゲレンデコンディション自体はイマイチで、
たまにある急勾配なコースでは多々苦戦をしいられていました(^^;)
 午後からはなんと!院長が遼君とともに
初スノーボードにチャレンジしていました!!
初めてにもかかわらず、院長、遼君ともに
驚異的な進歩をみせられました。
さすがスキーのベテランですね☆上達が早いです。
そして夕方までコンディションの悪い中、みんなで楽しく滑りました。
最終的にはみんな来たときよりも確実に進歩していました(^^)v

a0055913_23261766.jpg


  こんな感じで、例年に比べて雪は少ないですが、
もう1回みんなでいけたらいいなと思います☆
by yangt3 | 2006-02-21 23:26
私たちと一緒に働きませんか?
東可児病院の関連施設である特別養護老人ホー厶
チェリーヴィラ 施設長 玉置先生から メッセージを頂きました.

a0055913_1811681.jpg


チェリーヴィラは平成16年10月1日開設の新型特養です.
特別老人ホーム80床・ショートステイ20床・
デイサービスセンター30名の施設で全室個室の
ユニットケアです.
利用者さん1人1人の個性を大切にし、
心のこもったケアを目指しています.
全職員数は74名で、皆わきあいあいと楽しくやっています.
「貴方も、私たちと一緒にはたらきませんか!!!」
チェリーヴィラでは
介護職員・看護職員を募集しています.
お気軽にお電話ください.

チェリーヴィラ事務局 0574-61-2215 

a0055913_1815178.jpg


ブログ管理人より

チェリーヴィラは、東可児病院の関連施設です.
急性期を東可児病院でケアし
慢性期で介護が必要となった患者さんは、チェリーヴィラでの
療養を続けていただいています.

看護師、スタッフ向けの勉強会は、合同で行っており
東可児病院での急性期治療も
興味のある方は、見学も可能です.

循環器科 進
by yangt3 | 2006-02-21 18:02
Adult Basic Life Support
成人BLS
 2005年ガイドライン パート4抄訳の続きです.
前回に引き続き
今回は、各種人工呼吸の比較、細かな注意について
書かれた部分の抄訳です.

a0055913_8412716.jpg


・口対口人工呼吸
マウスツゥーマウス人工呼吸は、患者に酸素と換気を供給する.
口対口人工呼吸を行う為に、まず患者の気道を
開き、鼻をつまんで閉じて、患者の口に自分の口を当ててしっかりと
空気がもれないように密着させます.(Airtight seal).
規則正しく(深呼吸でなく)、1秒以上かけて息を吸います.
その後1秒以上かけて患者に人工呼吸を行います.
深呼吸でなく規則正しい呼吸をすることで
蘇生する人がふらふらしたり目まいを起こすことを防げます.
この人工呼吸がうまく行かない原因として患者の気道が
十分に開かれていないことが多いです.もし一回目の人工呼吸で
患者の胸郭が十分に上昇していなければ
頭部後屈、下顎挙上(head tilt-chin lift maneuver)を
行って再度、気道を確保してから人工呼吸を続ける.

・バリアー器具を用いた口呼吸
その安全性にもかかわらず、多くの医療従事者、健康プロバイダー、
一般市民が蘇生を行う時には、上記のマウスツゥーマウス法を行うことを
躊躇することが多く、バリアー器具を用いた人工呼吸が好まれる.
しかし、バリアー器具を用いても感染の危険性は、減少しない.
そればかりか、器具により呼吸抵抗が増すこともある(人工呼吸が困難になる).
器具を用いることで、蘇生の人工呼吸が遅れることがあってはならない.
バリアー器具には2種類あり、フェイスマスク型とファイスシールド(防護膜)型があります.
ファイスシールドは、プラスチックかシリコン製で、直接患者さんの顔に触れることを
防ぎます.しかし完全には感染を防ぐことはできません.
蘇生を義務とする担当者は、ファイスシールドのみを口対口呼吸の代わりに
使用することができます.もし蘇生に反応があれば可能なかぎり速やかに
フェイスマスクやバックマスク換気に切り替えるべきです.
口対口呼吸に用いるマスクは1方向弁が付いていなければなりません.
蘇生者の呼気のみが患者さんに入り、患者さんの呼気は
外に流れて、蘇生者の方には戻りません.
いくつかのマスクには、酸素投与用の吸入口がついていおり
酸素が使用可能であれば、10〜12リットル / 分で投与すべきです.

・口対鼻呼吸、および口対ストーマ(気管切開口)人工呼吸
基本的には、口対口人工呼吸を優先すべきです.
口周辺の外傷がある時、患者さんの開口が困難な時.
患者さんが水中にあり、口対口では、完全なシールが困難な場合
などには、口対鼻呼吸が推奨されます.
症例研究によれば成人でも口対鼻人工呼吸は安全で
有効なことが確認されています.
 口対ストーマ(気管切開)人工呼吸は
気管切開を行っている患者に対しての人工呼吸です.
気管切開チューブを丸い小児用のマスクで完全にシールすれば
バック(口)対マスク対ストーマと言う風に換気も可能です.
口対ストーマ人工呼吸の安全性、効果についてのエビデンスはありません.
喉頭切開を受けた患者の研究では、通常の換気バックよりも
小児用の小さなフェイスマスクの方がストーマ周囲のよいシールが可能だと
されています.
(筆者注、病院内では、気管切開の患者さんでは、気管切開チューブに
直接アンビューバックもしくは、ジャクソンをつないで換気しています).

・バックとマスクを用いた人工呼吸
蘇生者は、ルームエアもしくは、酸素投与下にバックマスク換気ができます.
バックマスクデバイスによる換気は、高度な気道確保を行うことなく
陽圧換気を行うものであり、そのため
胃の充満や、それに伴う合併症も起こすことになります.
バックマスク換気の際には、1秒以上かけて一回の換気を行い、
十分な一回換気量により胸郭が持ち上がることを確認します.
 

  バックマスクデバイス
バックマスクデバイスは次の条件を満たす必要があります.
 つぶれない吸入弁があること
 圧解放弁がない、もしくは圧解放弁が迂回できること
 標準の15mmから22mmの部品(Fitting)である.
 酸素リザーバーで高い酸素濃度を供給できること.
 非再呼気排出弁が異物などで閉塞しないこと、
 30L/分の酸素流量でも閉塞しないこと.
 通常の環境でも、異常な外気温でも十分に機能すること.

マスクは、嘔吐がすぐにわかるように、透明な素材が必要です.
マスク装着により、鼻と口が十分にシール(密閉)されなければなりません.
マスクは、15mm/22mmが標準である酸素供給管に合う必要があります.
成人だけでなく、いろいろなサイズの小児のサイズも必要です.

 バックマスク換気
バックマスク換気は、非常に困難な手技であり、
有効な換気を実施するためには十分なトレーニングが必要です.
バックマスクを用いて1人で蘇生を行う場合
下顎挙上で気道確保を行い、同時にマスクを患者の顔面にぴったりと
密着するように保持しなければなりません.
下顎挙上と、マスク密着を行いながら、さらに同時にバックで換気を
行わなければなりません.さらには、換気で
胸郭が挙上していることも同時に確認しなければなりません.
バックマスク換気は、2人の訓練された蘇生者で行えば
最も有効な換気となります.
1人が気道を確保し、マスクを顔面に密着させるように保持します.
もう1人がバックをもんで、換気を行います.
2人で胸郭が上昇するのを確認します.

十分な一回換気量で胸部が十分に挙上するように、
1〜2Lの成人用バックを使用します.
もし気道が十分に確保されていて、マスクも完全に密着している場合
1Lのバックであれば半分から2/3のバックの容量で換気可能です.
2Lのバックであれば1/3の容量で換気可能です.
(力いっぱい、バックを全部押すのは、過剰換気となります).
患者さんが高度な気道確保(気管挿管など)がされていない場合は
蘇生は、30回の心臓マッサージに2回の換気で行います.
マッサージの間の換気は、一回の換気を1秒以上かけて行います.

ヘルスケアプロバイダーは、もし可能であれば、酸素を使うべきです.
(40%以上の酸素、酸素流量10L〜12L/分以上で)
さらに理想的には、バックをリザーバーに接続し
100%酸素が供給できるようにするべきである.

最近では、ラリンゲアルマスク、食道ー気管コンビチューブなどによる
高度か気道確保がいくつかの地域でBLSによって実践されている.
ラリンゲラルマスクは、十分に習熟したスタッフには
バックマスク換気の代わりになるものである.
バックマスクとラリンゲアルマスクとどちらが合併症が多いかのデータはない.
ラリンゲアルマスク、バックマスク換気の使用には
十分な訓練が必要である.

以後 続く.....


画像は ART in 119 からおかりしています.
http://ww2.tiki.ne.jp/~takano/hyosi1.html
消防隊関係の素晴らしい画像が満載です.
by yangt3 | 2006-02-21 08:41 | 2005年CPRガイドライン