もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2009年 06月 05日 ( 1 )

すごい人を待ちながら

私の最初の研修医としての生活は
大阪のこじんまりとした病院でスタートしました.

大学病院や、大きな病院からの研修でなかったことが
その後の私の仕事の行方に随分と影響したようです.

最初の研修先では、なんといっても病院の職員ひとりひとり
みんなが顔見知りとなってしまいます.

医師も看護師も、コメディカルも、お互いに名前で呼び合う関係で
良くも悪くも家族的な環境で、仕事は随分とやりやすかったものです.

以来、いろいろな病院に転勤して務めてきましたが
最初の研修の印象が強烈なためか
ついつい身近なスタッフには、ファミリー的な関係を求めてしまいます.

一緒に仕事をする時には、お互いに顔見知りのほうが良いと
いまも思っています.

なにかと理由をつけては、医師も含めて病院スタッフが
何度も歓迎会や飲み会を開いて、コミニュケーションもばっちりでした.

最近の人手不足と、さまざまな状況により、病院の中の環境も
仕事の環境も随分と変わってきました.

最近のはやりの言葉でいえば「フラット化」ということでしょうか.

不況や仕事の忙しさだけではなく
随分と人間関係も希薄になってきた気がします.

a0055913_063833.gif


続きを読む
by yangt3 | 2009-06-05 00:08 | コーヒーブレイク(雑談)