もはや東可児病院循環器科の非公式ブログです(^.^)


by yangt3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ニュース( 262 )

救急存亡の時代

asahi.com のネット記事で
救急存亡のシリーズが始まりました.

asahi.com 2008.02.12
「殉職」 救命の代償 我が命
http://www.asahi.com/kansai/news/kyuukyuu/OSK200802120037.html

 銀のシートに入った錠剤を机に広げた。抗うつ剤.
 2、3粒取り出しては、缶ビールで流し込む.
 一向に落ち着かない。また数粒、さらに数粒と飲み続けた.
 昨夏の夜のことだ.

 午前1時を回ると、意識がぼんやりしてきた.
 気がつくと病院のベッドの上.
 朝、出勤して来ないのを心配した同僚が駆けつけてくれた.
 飲んだのはざっと100錠.致死量は優に超えていた.

 男性は45歳.当時、関西の救命救急センターで働く救急医だった.

a0055913_11532574.gif


救急現場は、本当に過酷な状況です.

続きを読む
by yangt3 | 2008-02-13 11:54 | ニュース
ドイツの医学生が、トラの赤ちゃんを
人工呼吸で救ったそうです.

------ロイター 2008.02.14
ドイツの医学生、トラの赤ちゃんを人工呼吸で救出
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-30147420080204

a0055913_2094768.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-02-05 20:13 | ニュース

北極星にビートルズを

ビートルズの曲を北極星に向けて発信するという
試みをNASAが2月5日に行うようです.

-------CNN.co.jp 2008.02.03
NASA、北極星にビートルズの曲を発信へ
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200802030012.html

 ワシントン(AP) 米航空宇宙局(NASA)は
 午後7時(日本時間5日午前9時)、
 北極星に向けてビートルズの曲「アクロス・ザ・ユニバース」を
 無線で発信する。

a0055913_22422927.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2008-02-04 22:43 | ニュース

救急崩壊

救急に関するニュースが連日報じられています.

地方だけでなく、大都市においても救急医療の崩壊が
伝えられています.

-------MSN産経ニュース 2008.01.25
大阪の救急医療は破綻寸前 本紙調査
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080125/bdy0801250012000-n1.htm

 「救急医療は破綻(はたん)寸前」-。
 産経新聞が大阪府内の自治体消防や救命救急センターに行った
 アンケート調査。返信された用紙には
 医師や救急隊員の悲痛な叫び声があふれていた。
 回答を分析すると、問題の背景には救急医療現場に携わる人々の
 「心身疲労」
 ▽搬送される頻度の高い「2次救急病院の減少」
 ▽縄張り意識ととられかねない「医療の細分化」
 -の主に3つの要因が浮かび上がる。

医師、看護師のスタッフの慢性的な不足、人員増強のめどもたたず
増え続ける救急出動に救急搬送.
3次、高次救急センターの慢性的なベッド不足、満床状態、
医療訴訟による医療関係者の萎縮などなど.

センセーショナルな報道だけでなく、そろそろ具体的な
対策を皆で議論する時だと思います.

a0055913_1310811.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-27 13:11 | ニュース

ノロウイルス

病院内でも、いわゆる胃腸かぜ
(感染性胃腸炎、ウイルス性胃腸炎)で
体調を崩している人がちらほら見かけます.

忙しい仕事に追われて、ついつい自分の健康管理が
おろそかになってしまうこともあるようです.

インフルエンザの場合は、仕事を休む事になるわけですが
ちょっと体調が悪いくらいだと、代りもおらず
皆、無理しているようです.

ちょっとした油断で、図らずも寝込んでしまう事もあるようですので
皆さん気をつけましょう.

-------YOMIURI ONLINE 2008.01.25
コンピューター通じノロウイルス…米で集団感染事例
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080125-OYT8T00327.htm

a0055913_043953.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-26 00:06 | ニュース

ドクターヘリの活躍!

ドクターヘリによる救急搬送により
心肺停止の3歳児の救命に成功したという事案は
救急、救命に関わるものとして
本当に明るいニュースです.

-------YOMIURI ONLINE 2008.01.23
愛知から静岡までヘリ搬送70キロ、心肺停止3歳児が回復
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080123-OYT1T00021.htm?from=navr

------- nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20080123-310709.html

 愛知県の山間部の池でおぼれ、心肺停止状態になった3歳児が、
 70キロ以上離れた静岡市葵区の静岡県立こども病院に運ばれて救命され、
 22日、元気に退院した。

岐阜県におけるドクターヘリの状況は、次の記事で
知る事ができます.

-------岐阜新聞Web 2008.01.05
ドクターヘリ 救命に欠かせぬ存在
http://www.gifu-np.co.jp/kikaku/2008/inochi/1/inochi_5.shtml

ドクターヘリは現在11道県12カ所の病院を拠点に飛んでいて、
1月内には大阪と福島でもスタートする、とのことです.

a0055913_1742140.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-24 17:42 | ニュース
ドナー不足に悩む日本の臓器移植において
心臓移植に変わる治療があれば
多くの心不全の患者さんが恩恵を受ける事になります.

移植医療に変わる治療として再生治療が期待されています.

まだ動物実験の段階ではありますが
ラットにおいて心臓再生に成功したそうです.

-------CNN.co.jp
ラットの心臓再生に成功、拍動を確認と 米チーム
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200801200020.html

 ワシントン——ラットの心臓の細胞を取り除き、
 そこへ別のラットの細胞を埋め込むことによって、
 新たな心臓を再生させる実験に、
 米ミネソタ大の研究者らが成功した。
 実験後数日間のうちに、心臓は拍動を始めたという。

a0055913_1356567.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-22 14:00 | ニュース
近隣でも有名な循環器病センターが
医師不足のために休床するというニュースがありました.

-------------CHUNICHI Web 2008.01.17
一宮の循環器病センターが休床へ 医師不足で経営改善にも影
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080117/CK2008011702079985.html

  県病院事業庁は、県立循環器呼吸器病センター(一宮市)が
 医師不足による患者数の減少で、50床ある1病棟を4月から当分の間、
 休床することを明らかにした。医師不足が原因で県立病院が休床するのは
 初めて。心臓手術などで高い実績のある県の中核病院。
 県立5病院全体の収支を改善させる経営改善計画への影響も避けられず、
 医師不足の深刻さがまた、浮き彫りになった。

循環器、心臓外科ともに近隣でも有名な循環器病センターであり
このような施設でさえも、医師不足が深刻であるということに
改めて驚いてしまします.

どこの病院においても医師、スタッフが過剰ということはなく
似たような状態にあると思います.

まるで日本沈没のようです.

a0055913_20435828.jpg


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-18 20:48 | ニュース

忘れ得ぬ思い

忘れ得ぬ思い、遺志を継ぐということがあると思います.

阪神大震災を経験した神戸の街で
市民究明しが増え続けているそうです.

震災を忘れぬ証し、恩返しという強い思いが
今も神戸の街で生き続けているのだと思います.

--------asahi.com 2008.01.08
神戸の市民救命士30万人 人口の2割「震災忘れぬ証し」
http://www.asahi.com/national/update/0107/OSK200801070020.html

 95年の阪神大震災で4500人以上が亡くなった神戸市で、
 震災以降、消防庁が定めた救命講習を受け
 「市民救命士」の認定を受ける人が増え続けている。
 市は2年前、民間が救命講習を主催できる全国初の試みを始め、
 市民救命士の数は昨年末時点で延べ30万人を超え、
 全国3位になった。あの日、がれきの下に6時間閉じこめられて
 見ず知らずの住民に助け出され、
 「恩返しに」と市民救命士の養成を続ける男性もいる。

a0055913_2359197.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-10 00:00 | ニュース

救急コーディネーター

前に勤めていた病院は、救急病院として
救急は断らない方針でやっていました.

救急は断らずに、全部診るというのは
言うのは簡単ですが、救急搬送を受けてからの
病院での処置を考えると
かなり大変なことになります.

高次救命センター、三次救命センターであれば
夜間、時間外でも緊急手術や高度先進医療が可能な体制を
整えていると思いますが
通常の病院では、そこまでの体制をとる事は
実際問題として不可能です.

1次、2次までは対応可能としても、それ以上の重症疾患は
救命センターにお願いする事になります.

救急患者の搬送が遅れる事が、患者さんの処置の遅れに繋がらないように
できるだけ対応可能な救急については
救急搬送を受け入れる方針でやっています.

この冬場を迎えて、救急患者さんだけでなく、高齢者を含む慢性疾患の
患者さんも、同じく体調をくずし入院ベッドを必要とすることになります.

心臓病、脳卒中などの救急も冬場に増えるわけで
いつも冬場は、入院ベッドの確保に四苦八苦することになります.

a0055913_0271296.gif


続きを読む
by yangt3 | 2008-01-09 00:27 | ニュース